人気ブログランキング |

2014年 10月 20日 ( 1 )

親孝行釣行?第二弾

子供の頃、よく父に連れられて、ハエ(オイカワ)釣りに出掛けていた

緑川や白川、遠くは球磨川まで出掛けた

そして、釣ったオイカワを父が甘露煮にし、

祖父母の家に持って行ってあげると、

祖父母がもの凄く喜んでくれていた記憶がある

俺が釣りに慣れ親しむことになったのは、正にハエ釣り

俺の釣りの原点

当時は父が山でドングリを拾ってきて、赤土の上へ置いてドングリ虫を作っていた

エサはそのドングリ虫だった

紅サシとは明らかに食いが違った




時は流れ…

最近、ハエ(オイカワ)をフライフィッシングで楽しんでる俺

それを知ってる両親

以前父から「ハエはみんなリリースかい?」と尋ねられたことがあった

俺は「江津湖だけんね~。食べられんことはなかけど」その時はそう答えた

どうやらハエの甘露煮が食べたいようだ(笑)









10月19日

前日、カワハギでプチ親孝行した俺は今度はハエ(オイカワ)で親孝行しようと考えた

でも、下手な俺一人じゃ食べる分を捕獲するのはとても無理…

で、「チーム江津湖」のメンバーに応援を依頼

そして快く応じてくれたのはご存じ!gunさん←(なんか誰かさんに影響されてきてるぞ・笑)

コレは心強い!!








出発前に父に「ハエば釣って持って帰ってくるけん」と言うと、

父が笑顔で「ほんなこつかい?甘露煮にするけん20ばっか釣ってきてくれと」

隣にいた母は、うんうんと頷きながら嬉しそうにニコニコ

これは釣らねばなるまい!^^







ポイントはK川

現地に到着すると既にgunさんが実釣中

「小さいです。5㎝ぐらいです」とgunさん

「せめて10㎝ぐらいあればなぁ」と、心の中で呟く




今日はオイカワ漁

手段を選ばない!ってことで迷わずウエットフライを選択

が、gunさんには釣れるものの俺にはさっぱり

どーせ釣れないんならドライの方が面白いってことで、ドライフライに変更

ナチュラルになんて流せないけれど、ドラグがかかった所で出てくれる(笑)

ま、出るだけでフックアップ出来ないんですけどね ^^;

何が違うのか分からないけれど、俺に釣れるのはカワムツばっかり

多分、ポイントの選択ミスなんでしょうね…



最初の頃は釣れるのは5㎝ほどのチビばかり

しかし、日が傾くにつれて徐々にサイズアップ

そして日が暮れる18時前、虫がハッチし始めた

腕に、首筋にハッチした虫がモゾモゾと…

えークソ!気持ち悪りーーーっ!!

てことでミツバチスーパーハッチにて続行不能となり強制終了(爆)







結局、俺がキープサイズ5匹ぐらい?

それからgunさんが20匹ちょいってとこだったかな?

改めて江津湖や坪井川の豊かさと懐の深さに驚かされる結果となった

だってgunさんなんて坪井川で時速60匹で釣られるんですから(凄っ!)

俺にだってキャスティング毎に出るし(ヒットまでは持ち込めないけれど・爆)







帰って釣れたハエを父に見せると、

「フライでそぎゃん釣るっとたいね~」と嬉しそうにそう言った

「仲間に応援してもらったから」「俺は半分も釣りきらんだった」

俺がそう言うと、「そうかい、そうかい」と優しい笑顔で言いながら、

早速、甘露煮の下ごしらえを始めてくれた

そして出来上がりがコレ
     ↓


a0129011_12511630.jpg

俺が言うのも変だけど、父が作ったオイカワの甘露煮が一番旨いと思う

今夜はコレを肴に焼酎をチビリ…

あ~ 考えただけで昇天!

オイカワ漁

また行かねばなるまい!




てか釣れた数、gunさんの4分の1とか情けない

もっと精進しなければ…

ま、誰かさんみたいに坪井川で10対0って大敗じゃないからイイけどね~!(笑)



にしても持つべきは腕のイイ釣友ですね!^^

gunさん special thanks!!!

お陰でまたプチ親孝行ができました!





今回は漁に集中!

てことで、生きた魚の画像や風景写真は無しです ^^;
by calm-style | 2014-10-20 01:50 | Fresh water | Comments(13)