人気ブログランキング |

2013渓流シーズン閉幕

9月29日

2013渓流シーズン最終日前夜

渓流ミノー『熊襲』と『memoriesネット』のビルダーくにさんと前入り宴









a0129011_15502680.jpg

阿蘇の地鶏が最高だった!

pana君によると地鶏の匂いが下界まで届いてたそうだ(笑)









a0129011_15502862.jpg

くにさんの手土産、球磨焼酎『川辺』

2013ロサンゼルス インターナショナル スピリッツ アワード焼酎部門にて、最高金賞を受賞した焼酎を、

川辺川の川の音を聞きながら飲むという、これ以上ない贅沢を堪能









a0129011_15505042.jpg

釣りの話からたわいもない話まで本当に楽しい時間だった

ゆっくりと流れる時間が心地良かった









a0129011_1551029.jpg

9日30日

最後を締めくくるのは、あの場所と決めていた

釣れても釣れなくても満足の出来る、ネイティブなヤマメと出会えるあの渓と…

ミストが降り注ぎヒンヤリとした中を釣り上がる









a0129011_15512549.jpg

これは、くにさんの1匹

結果から言うと釣りの方はこの日さっぱり

徒歩で1時間30分もかけて入渓したのにね(苦笑)

それもその筈、工事車両かと思ってた2台のトラックは釣り人の車だった

俺等はその後ろを追いかけて釣り上がってたって訳

渋い筈だ(苦笑)

それでも俺のルアーをチェイスしてきた良型のヤマメをくにさんがあっさりGET!

あの手この手をつかって狙った魚を狙って釣る瞬間を目の当たりにし、鳥肌が立った

しかも、テクニカルなポイントで2匹も引き出すとは…

尊敬だ









a0129011_15513036.jpg

キャスティング、リトリーブ、アクション、トレースコース

俺はくにさんにどれ一つ敵わない

そしてこれからも追いつけないと実感させられた

いつもながらの変幻自在で美しいキャスティングにうっとりさせられた

後ろからくにさんの釣りを見ているだけで満足

そんな素晴らしいアングラーと一緒に釣りが出来ることに喜びを感じずにはいられない









俺の中で魚が釣れなくてもある程度の満足感を得られるのは渓流釣りのみ

今年も楽しかった

そして今期もアッと言う間に終わってしまったような気がする

釣果も本流での一匹を除いてはこれといった魚との出会いも無かった

釣行回数も少なく

今期は何故かヤマメをキープし、口にすることも無かった

2013渓流シーズン閉幕

今日になって少し寂しさを感じ始めている









a0129011_15515464.jpg

今期、1匹を除いては全てくにさん制作の渓流ミノー『熊襲』での釣果

本流での尺上もそうだ

思い起こせば昨年の本流のビッグワンも『熊襲』だった

今や熊襲なしで俺のトラウトフィッシングは語れない

くにさん、本当に有り難う御座いました!

また来年も宜しくお願い致します!







最後に…

渓に、渓魚に、仲間に感謝!

この日も転倒して肋骨の下を強打したが、

大きな事故・怪我もなく最終日を終えられたことに心から感謝!

欲を言うならミノーにコツンと触っていった、

あの大ヤマメが釣れてたら有終の美を飾られたんだけどなぁ…

ま、来年の楽しみにとっておこう!
by calm-style | 2013-10-01 15:59 | Fresh water | Comments(8)
Commented by しゅん at 2013-10-01 18:42 x
渓流釣りはしませんが、calmさんの画像から、マイナスイオンが山ほど出ていて、相当癒されます。

阿蘇の地鳥はよだれもんですよ。

もう少ししたら、海小物開幕ですね。
楽しみにしております。
Commented by calm-style at 2013-10-01 19:02
>しゅんさん

渓流は目に優しい緑。
マイナスイオンに森の癒し成分フィトンチッド。
癒されまくりです。
ただ、今回行ったような標高の高い渓だと渓に入るまでと、
脱渓が50前のオッサンにはかなりこたえます。(泣)

阿蘇の地鶏は噛み応えあり!
噛めば噛むほど味の出るスルメ地鶏。
クール宅急便で送ってもらいました。^^
でも、お店で食べるのがいちばんかなぁ?
高森の『らくだ山』是非!^^

渓流が終わり、気持ちは早くも海小物。
鍋でも突っつきながら一杯やり、次の日の朝メバル釣りってのもいいかもですね?^^
Commented by くに at 2013-10-01 19:22 x
激旨の地鶏&秘蔵の大切なあの本を有難うございましたm(_ _)m
・・・そして贅沢な時間を共有してもらい感謝感激の一時でした。
手前の区間を行くと思わせて、更に奥の「ここぞヤマメの最源流」までの徒歩(登山?)、アソコでチェイスの姿が見れただけで感無量です。
多分、あの尺上が釣れてたら苦労した分、失禁するほど嬉しかったでしょうね^^;
しかし・・・歩かせ過ぎましたね! 下半身が・・・(爆)

今回の宴会の御礼は又後程と言う事で(笑) 
お疲れ様でした! そして今シーズンもお付き合い戴き感謝感謝です。m(_ _)m
Commented by calm-style at 2013-10-01 20:58
>くにさん

あの地鶏は本当に旨いですよね!
俺はあの地鶏を肴にくにさんと飲んでるだけでもう大満足でした。^^
翌朝の釣果なんて全く問題なし!ってぐらいにですね。
釣れたら儲けモンってぐらいにしか思ってなかったので、
あの大ヤマメのバイトシーンを目にしただけでも大大満足!
ま、釣れたにこしたことはないですが。(笑)
あまりにものデカさにビックリあわせ…
まだまだ修行が足りません。

それから秘蔵のあの本は俺が持ってても宝の持ち腐れ。
持つべき人の元へ嫁いだだけです。^^
可愛がってあげて下さいね!^^
また、ハンドメ魂に火が着いたら熊襲×calmのコラボミノー宜しく御願い致します!
もしかしたらマジでもう一度、木を削るかも知れません。
以前制作した6㎝のミノー
自分でも言うのもおかしいけれど、メッチャいい動きするんです。
実績も
十分で、その設計図がまだ手元にあるんですよね。
いつか復活させてあげたいです。^^
下に続き鱒↓
Commented by calm-style at 2013-10-01 21:00
てゆーか、御礼なんてとんでもない!
今年も本流のガイド、何度もして頂きましたし。^^
あんな宴では足りないぐらいです。(大汗)

今期も本流を中心に大変お世話になりました。
渓流でのキャストの精度や技術を上げ、くにさんに少しでも近づき、
同釣行時に迷惑をかけないよう、これから精進してまいります!
オフシーズンにキャス練しときます。m(_ _)m

今回の釣行では足手まといになってしまい申し訳ありませんでした。
技術のない俺ですが、どうか来期も宜しく御願い致します。

てことで小物釣りの秋!メバルバトルもヨロシクです♪
Commented by pana at 2013-10-01 22:00 x
お疲れさまでした!
今シーズンも渓流お付き合い頂いて本当に有難うございました!
あれもこれも良い思い出です!
しかし毎年ながら自分はあれからずいぶんと時が流れたな~と思いながらそれぞれの渓流を釣り歩き今シーズンも終わりました。。。
あと何年過ぎゆく季節を感じながら素晴らしい仲間と大好きな渓流釣りが出来るんだろうかとこの時期はいつも考えてしまいます。
師匠もそうでしょうがくにさんとの出会いは自分たちだけの釣りの世界を根底から変えて頂いた存在ですよね♪
来シーズンまであの手この手考えるこれからのシーズンも大切にしながらも海の小物釣りも頑張っていきましょう!
お互い渓流での多少の怪我はありましたが今シーズンを無事に終えられたことに感謝ですね。
Commented by calm-style at 2013-10-02 08:22
>pana君

春前から肩や腕が痛くてねー
高巻きやヘツリが出来ないから渓流は無理かも?なんて凹んでた。
pana君も覚えてるかもだけど、実際アソコから降りるとき、肩に激痛…
で、今年は釣行回数がかなり減ってしまった(泣)

しかし、くにさんとの出会いは本当に有り難かったよね。
pana君も釣りの技術以外を学ぶことが多いんじゃないかな?って思って紹介したんだけど、最初のくにさんとのコラボ直後のpana君の興奮のしようったら(笑)
俺まで嬉しくなったよ。
次元の違う、尊敬すべきあんぐらーだよね。
マジでリスペクト!
下に続き鱒↓
Commented by calm-style at 2013-10-02 08:31
最初にpana君を渓流に連れていってかれこれ20年かぁ…
あの頃俺はドン底だったからねー
感慨深いものがある。
ほとんど釣りにも行かないくらい病んでたから、また釣り熱を復活させてくれたpana君には感謝してるよ!
思い起こせば俺もpana君も釣りに助けられてるよね。
嫌なことも辛いこともリフレッシュ、リセットしてくれる趣味があるって本当に有り難い。
そして、仲間にも感謝!感謝!
大切にしたい仲間がいるって本当にイイネ♪

しかし、いつまであの険しい渓に入って釣りが出来るんだろう…
それを考えると少し寂しい気もするけれど、気力、体力が続くまで楽しみたいね!

さ、しんみりしてる暇はないよー!
秋は海小物!(笑)
今年のメバルバトルはハイシーズンに!
<< 熊本発!爆釣トラウトミノー「熊... 天草ショアジギ&ロックフィッシ... >>