ずぶ濡れ釣行紀 (渓流編)

くねくねと狭い林道を走り

いくつも峠を越え

人造物など何も見えない山奥深い渓

若い頃はそんな渓で渓魚を追い求めていた

そういう渓で釣ることに渓流釣りの楽しさや喜びがあると思っていたし、

今でもその気持は変わらない

しかし

両膝を手術し、年齢を重ねた今は三度の高巻きが精一杯

一人じゃ怖くて深い渓に入れない

家族が出来、安全を優先し、臆病になった

自然に優しく美しいハンドメイドミノーにこだわって釣りをしていた

時には木を削ってミノーを自作した

それが今では…

なんか…

ねぇ…




4月8日

休日出勤だったのだが仕事が午前中で片づき我慢できず渓へと向かった

そして

今回も前回の釣行に引き続き全身ずぶ濡れ

a0129011_19125321.jpg


川を渡る際、ここで足を取られ少しばかり流された(笑)


なにやってんだかね

走り込んで足腰鍛えようかな?

体力の衰えに毎回がっかりさせられっぱなし

だけど

こんな魚が応えてくれるから渓流釣りはやめられない


a0129011_19131156.jpg

29㎝

写真が下手なので実際の大きさや迫力が伝わらないのが残念

美しい魚だが実は舌にも鋭い歯がある

捕らえた獲物は逃がさない

餌の少ない厳しい環境が舌にまで鋭い歯をもたせたのだろう


昼間の釣りで二桁
今年の渓流はなんだか調子いい♪^^
ちょっと遠いけど次は昨年、家族ぐるみで仲良くさせて頂いてるK氏が、
35㎝オーバーを連発させられたあの渓に久し振りに行ってみようかな?
この調子だとムフフなことになるかも?
Kさん、その際は宜しくお願い致します!^^

しかし最近よく濡れるなぁ…
釣行毎に濡れちゃってるよーな…
今度は誰かを濡らしたい!
※注
深い意味はございません(笑)
[PR]
by calm-style | 2009-04-12 19:11 | Fresh water | Comments(0)
<< 警察屋さんと、漁師さん (初体... 甥の春休みの思い出 (バス釣り) >>