ライトゲームとかワームキーパーとか

メバルのジグヘッドのフックってどれくらいがいいの?

それを検証したくて先ずはメバル

いつも使用してるのは#6

でも口の中にスッポリとジグヘッドが入ってしまい、

リリースサイズのチビメバがリリース不可能になることも…

#3でよくね?以前、2,7gのシラスヘッドの#3で何の問題もなかったし

で、試した結果、普通に何の問題もなく釣れる

ロリメバだって問題なし

それにゲイブが広いぶん、バレも少なくなると思う

a0129011_21251598.jpg
見辛いけれど、上顎にガッツリフッキング


これからはメバルには#3のフックにしよう、そうしよう

ま、あまり売ってないのが難点ではありますが



それからワームキーパー自作のことを前回投稿しましたが、

ほぼ同じ作り方が動画でアップされてたので載せときます



ま、俺はA.W.LOCK HEADのパクリなんですけどね(笑)

用意するのはバイスとボビンホルダー、瞬間接着剤、セキ糸とフロロの7号ぐらい

バイスなんて安いのだと1500円ぐだいだし、ボビンホルダーなんて1000円もしない

これだけの出費で釣果に差がでるんだからやらない手はないんじゃないかと?




そしてお次はマイブームのアジング

夜なんて、今の時期クソ寒くてやってらんないからデイゲーム

夜はお酒を飲む時間と決めてます(笑)

a0129011_21262220.jpg
結果、ムツ混じりでキャスト毎にバイトがあって楽しかった♪

サイズは最長で24cm

20cmオーバーは7匹だったけど、俺的には十分に満足

夜の方がきっとサイズがいいのだろうけれど、修行のような釣りは嫌だ…

ライトゲームは手軽に気軽に気楽に楽しくやらないと♪ ^^

途中、青物のボイルに慌ててラインシステムを組み、

ラピードに2度出るも、フックアップまで持ち込めなかったのはココだけの話し(泣)

1発目のはデカかったと思うけどなぁ…

「ブオコッ!!」っと出たし

絶対ブリの80オーバーだったと思うけどなぁ…

最近、思いっきりついとらん!(ノ-_-)ノ~┻━┻

でも、アソコに青物いたこと分かったからヨシとしとこう

[PR]
# by calm-style | 2018-12-11 21:27 | Salt water | Comments(0)

メバルタックル・BlueCurrentとかSoare SS S706ULSとか、お礼とか

【ロッド】

自分が所有してるメバルロッドはYAMAGA Blanks BlueCurrent 80Ⅱ

それからShimano Soare SS S706ULSの2本

最近、主に使用してるのはYAMAGA Blanks BlueCurrent 80Ⅱ

理由はティップにラインが絡まりにくいから

Soare SS S706ULSはソリッド

ソリッドティップのロッドって、俺みたいにマイクロワインドやってると、ティップにどうしてもラインが絡まりやすい

それに気付かずリールを巻くと…

ティップがポッキリなんてことも(泣)

それを経験してからは、ほぼYAMAGA Blanks BlueCurrent 80Ⅱを使用

硬いし手首のスナップを生かしてダートアクションをさせるとグリップエンドで肘を叩くし、

臆病で下手な自分は万が一の大物に備えPE0,6号を使用するため主に使用する1,3gのジグヘッドじゃ飛ばないし…

最初、使った時は超ストレスを感じてた

それまで使用してたDAIKO PREMIER PMRR-74tbの完成度が高かったので尚更

グリップエンドで肘を叩くのは使って行くうちに、どうにか慣れてきた

飛距離が出ないのは2g前後のジグヘッドを使用することでなんとか

先日の釣行では27,5㎝を高さ2m程から余裕で抜き上げられた

堤防って下の方がえぐれて空洞になっていることが多く、

デカイのになると、一気にそこへ潜ろうとするので、強引に勝負できるパワーは有り難い

のんびりファイトしようものなら堤防の下へ潜られラインブレイクしちゃいますし

先日の釣行では良型と思われるメバルにこれでやられてしまいました…


Soare SS S706ULS

これは最近、アジングに主に使用してます

10月の茂雄でのアジングでは最初BlueCurrent 80Ⅱを使用してたんだけれど、

細かなバイトが分かり辛かったし、バレも多かった

そこでSoare SS S706ULSに変更したんだけれど、手元まで伝わらないようなバイトもテイップを注視することで拾うことができた

しかもソリッドなので口が弱くバレやすいアジでもバラシ激減

お陰で周りに数名のアングラーがいらっしゃったけれど、自分だけ好釣

なのでスローな釣りやアジングにはSoare SS S706ULSを、

主にデイメバでマイクロワインドをやる時にはBlueCurrent 80Ⅱと使い分けてます






【リール】

メバリングのリールなんてなんでもいいんじゃね?

とかって最初は思っていたけれど剛性があり巻がシルキーな方が圧倒的にバイトを拾いやすい

自分が所有してるはDAIWA CERTATE 2004と月下美人 MX 2004なんだけれど、

CERTATE 2004の方がショートバイトでも手元に伝わってくる

細いラインを使用する訳だから、ドラグの性能も大切





【ライン】

メバリングを始めた30年程前まではメバルに使用できるまともなPEラインはなく、

ナイロンの4lbを使用してた訳だけど、とにかくバイトを拾いにくい

そこでフロロに変更した訳だけど、スプール径の小さい小型のリールだと巻癖が…

そして現在はPEの0.6号にフロロのリーダーを1ヒロほど

ちなみにリーダーはKUREHA SEAGUR ACE 1,5号

0.6号と太めを使用してるのは自分は深くリグを沈めることがなく、

また遠投もそれほど必要としないポイントでの釣りが多いから

何より貧乏性なので、根掛かりの回収率が高いのが有り難い

シーバスの70クラスがヒットした時も、これなら下手な自分でもどうにかキャッチすることが出来た

また、あまりにも細いPEだと、よほどマメにラインをチェックしないとフッキング時にパーン!と切れてしまう

0,3号を使用してた際、これでアワセ切れを何度も経験し、今は0,6号に落ち着いてます

太いPEは水面近くの釣りをすることが多い自分には、浮き上がりが早いのもいい

また、スローにワームを落としたいので、自分の場合は0,6号の方がかえって好都合ってのもある





【ジグヘッド】

今まで色んなジグヘッドを使用して来たけれど、コレという物にまだ巡り会ってない

強度があって、形状があまり丸くなく、錆びにくいモノが自分の好み

ただ巻にもダートにも対応できるジグヘッドなら尚更いい

それから一番大切だと思ってるのはワームキーパー

でも、ワームキーパー付きっての本当に少ない

なので、自分はフライタイイング用のバイスを使用して、セキ糸とフロロの7号でワームキーパーを自作してます

a0129011_13460547.jpg

バイトしてきてフッキングかませば高確率でワームがズレる

ズレてしまったワームにはメバルは見向きもしないどころか逃げてしまう

デイゲームでそんな瞬間を幾度となく見てきた

ワームキーパー付きのヤツでフックの根本から折れてしまったモノもあった

ゴムが途中でズレたらプレイに集中できないし、安心感がなくゴイゴイ攻められない

ましてやプレイの途中で折れちまったら男なら誰しも情けなくて涙でるだろ?(笑)

てな訳で、今も昔もメインに使用してるのはシラスヘッドの1,8g、フックサイズは#6

フックはもう少し大きくてもいいと思ってる

チビメバはいらんし、メバルの口って意外と大きいし、太い方がバレが減る筈





【ルアー】

デイゲームでは、ほぼワーム

使用するワームはダートスクイッドばっか

でも、最近はSpark40を好んで使用してます

理由はワームをセットしやすいように溝があること

それから、張りのある素材なので、ワインドでピュンピュンとアクションさせやすいこと

カラーはGFイワシがお気に入り

カタクチイワシがベイトの時は狂った様にアタックしてくる

ダートスクイッドはソフト素材に変更されてダートさせ辛くなったのが残念

ソフト素材にメリットも有るのでしょうが、ワインドにはチョット不向きなような?




【釣り方・ポイント】

自分はデイゲームが殆どなので、それを前提に少しだけ

メバリングを語れる程の腕前でもないので、自分の釣り方のご紹介

ポイントは堤防主体

捨て石周りやテトラ周りを主に狙ってます

そして堤防の継ぎ目やロープ等の変化のあるポイント

港の内側と外側の潮の出入りのあるポイントなんかはもう最高

表層にチビメバやコッパグロが浮いてるような所は必ずその下にデカイのが居ることが多い

後は勿論、潮目や潮が湧き上がってる様なポイントはメバルの活性も高い

日中は堤防の影の中にいる事がほとんどなので、日中に堤防の影ができるポイントを調べておくといい

浮いてる様なポイントでは群れの中に撃ち込まず、ソフトに着底させ群れの上をゆっくりと引いてくる

朝夕の活性が高い時であれば、これで食ってくる

それでもダメならば、チョンチョンとダートさせてフォール、コレを繰り返すとフォール時に食ってくる

捨て石周りは着底させてタダ巻、それでもダメならダートさせてフォール

堤防の影目を狙う際はむやみに堤防に立ってメバルを驚かせないことが一番大切

そーっと近づき堤防の際ギリギリにソフトにキャストする

夜間と同じで明暗の境で食ってくることが有るので要チェック

堤防の切れ目(割れ目)港と外の潮が出入りする様なポイントは、

割れ目にそ~っとワームを挿入(違)落とし込み、

深く、浅く、ソフトに、時に激しく動かしてやるとメバルが堪らず反応してくる

アレと同じです(笑)

ここで大切なのは、スパイラルフォールするワームを使用すること

フリーフォールで食わなければ、やはりダート&フォール

a0129011_13463851.jpg
コレは先月茂雄の割れ目の潮の出入りするポイントで、その釣り方で釣った28cmクラス



a0129011_13465904.jpg
コレも同じ日に茂雄で堤防に出来た明暗部のタダ巻で釣れた25cmクラス



a0129011_13471871.jpg
コレは四郎で先月タダ巻で見せて、ダートでスイッチを入れ、フォールで食わせた25cmクラス



とかって下手なクセに色々と語ってしまいお恥ずかしい

これからデイメバリングを始められる方の参考に少しでもなれば…




最後に、約2ヶ月の勤めを終え、出所し、ようやくシャバに戻ってきました

まだ本調子ではありませんが、1年半もすれば完全復活出来るかも知れないし、

下手すると完全復活とは行かないかも知れない…

今後はリハビリを兼ねて、更にユルイポイントで釣りを楽しみながら完全復活を目指します!

ブログを見て心配し、ご連絡頂いた方、励まして下さった方

それから面会にまで来て頂いた方、本当にご心配をおかけしました

そして出所祝いの宴の席まで設けて頂いた方々

心からお礼申し上げます

今回、人は一人では生きて行けない生き物だと強く痛感しました

ありがとう!

[PR]
# by calm-style | 2018-12-03 13:48 | Salt water | Comments(2)

茂雄釣行(五目釣り)

久し振りに茂雄へ

メインはアジ

壱岐でアジを釣ってから、何故かアジが釣りたくて仕方なかった(笑)

ポイントは茂雄だけに何が釣れるか分からない

後悔したくないのでアジングタックル、シーバスタックル、青物タックルをお持ち込み



1日

15時頃からエントリー

夜の釣りは好きではないので、明るい時間帯からアジ狙い

すると捨て石の際でアジングタックルにヒラセイゴがヒット

サイズは45cmぐらい

まさか、そんなんがヒットするなんて思って無かったので、ネットは車中 ^^;

あたふたしてる間にフックアウト(爆)

もう1度、同サイズヒットも、コチラはエラ洗いでサヨナラ…

その後、お目当てのアジGET!

ワームはダートスクイッド

時合い突入か?とニンマリも、後が続かずアジはその1匹のみ

やっぱり日中のアジは厳しいようで…

やっぱアジは夜かなぁ…

なぁ~んて考えながら、いたずらにダートスクイッドをチョンチョンやってるとネリゴちゃん

ま、25cm程ですが(笑)

アジを諦めきれずにダートスクイッドをタダ巻してると「コツン!」とバイト

よしキタ!アジだ!

と、思った瞬間、かなりの重量感

こりゃ~アジではない

逃がしてなるものか!顔だけでも見たい!と、追い合わせ

それで驚いたのか一気に沖へ走る

ドラグがジィーーーーージィーーーーー!

止まんね~!(笑)

こりゃアカン!とドラグを締めて寄せにかかった瞬間、魚が飛んだ(笑)

ヒラスズキだし(大笑)

繰り返しますがネットは車中(爆)

堤防なので、どうにもならん(核爆)

向かいの堤防で釣りをされてるオジサマに大声でSOS!

する勇気もなく…

最後はテイルウォークばりの派手なエラ洗いでサヨナラ…(核爆)

65cmぐらいあったぞ!

そんなんが日中にアジ狙いのタックルにヒットしちゃアカンやろ ^^;

で、車にランディングネットを取りに行ったんだけど、その後はさっぱり

そんなもんです




場所を大きく移動してィ夜のアジゲー

期待してたポイントには先釣者

仕方なくしばらく眺めてたら、釣れないのか?帰り支度を始められた

ラッキー♪

もう、それからは大爆釣!

まぁ~釣れる!釣れる!

タダ巻しても、ダートさせても、放置してても釣れる(笑)

帰って数えたら48匹いたし

お持ち帰りし過ぎて親から呆れられたとゆー ^^;

ま、20cmぐらいですけどね(笑)

ちなみにリグは1,8gのジグ単

ワームはダートスクイッド、スクリューテール、アジミート

ワームはなんでもいい感じだったけれど、柔らか素材のアジミートがフックアップ率が高かった

ただ、アジミートはすぐにボロボロになっちゃうのがねぇ…







2日

朝マズメ

「青物を釣りたい!」

と、ダイビングペンシル投げ倒すも異常なし…

海は静かなもんで、イワシがノンビリ泳ぎ、ボイルも無し

ならば前日のリベンジだ!と、ワームでヒラスズキ狙うも、

ダートスクイッドを使い果たしてて他のでやってたからか?コチラも異常なし

「もう釣れるなら何でんよか!」と、メタルマル投入

ボトム近くでリフト&テンションフォールを繰り返していると、フォールでゴゴン!

結構引くけどなんだろ?

タイ?ネリゴ?等と妄想が広がる

a0129011_11195559.jpg
正体はヨコスジフエダイでした

40cmほどあるし、コレは美味しい!(笑)

よし!もう1匹!と頑張ると…

a0129011_11202647.jpg
その後はイトフエフキばっか(爆)

ま、ムニエルにすると、そこそこ美味いから4匹お持ち帰り(笑)

次第にイトフエフキも釣れなくなり…

a0129011_11210286.jpg
海鮮丼食べて、嫌いだけど、苦手だけどエギング(笑)

ちなみにココのブリのアラ煮は魚の缶詰のように骨まで食べられます

満腹、満足な1投目

フォール中にラインがスーッと走る

シャーッ!とフッキングもすっぽ抜け凹

そのままダートさせてると、なんなく抱いてきた

まぁ~茂雄のイカは壱岐のイカに負けず劣らずウブ

すぐに抱いてくれるし (〃ω〃) ポッ

a0129011_11223655.jpg
ロリすぎるのはリリースしながら1時間程でこれくらいのを8杯お持ち帰り

あ!大好きなコウイかも1匹釣れました

そんなこんなな茂雄釣行

教訓!海は何が起きるか分からない!

ランディングネットは必ず持ち歩きましょう!(泣)

そして、ランディングネットの置き忘れに注意しましょう!(爆)



※こんなヘンテコリンなブログに遊びに来て下さってる奇特な(?)方々にお知らせです

諸事情によりしばらく当ブログはお休みさせて頂きます

そして必ず復活し、ここに帰って来ます!

それでは!

[PR]
# by calm-style | 2018-10-03 11:26 | Salt water

デイ干潟トップゲーム

28日、朝マズメ

manic FISH 88でセイゴ2匹




28日、夕マズメ
a0129011_21040339.jpg
manic FISH 88

Fakie Dog DS

R.A.POP等でセイゴやハクラ5匹

ふざけて釣らなきゃもっと釣れてたかも?

明るい時間帯にTOPに「ボフッ!」

たまりません!(笑)

スズキの日中TOPゲームはエキサイティング!



本日、チーム江津湖のチームメイトのタモン君は渓流ルアーkumasoで爆釣!(笑)

干潟にハマって大慌てしたのと

今日イチのスズキをチーム江津湖のメンバー2人の前でバラシたのは内緒の話

超みっともない

クスクス

でも、バラして笑ってられるユルい釣りが大好きだ(笑)

[PR]
# by calm-style | 2018-09-29 21:15 | Salt water | Comments(0)

壱岐でチョイ釣り

ホテルにチェックインする前に1時間程エギングをやった

現地のオジチャンと並んで釣ってたけれど

直ぐに俺がバラシ…

そして立て続けに500g程を2匹

オジチャンに「上手なぁ~」と褒められました(笑)

餌木のカラーは俺がオレンジ

オジチャンは紫

この日はオレンジが良かったのかな?

2匹目を俺が釣った直後、オジチャンもオレンジの餌木に替えられました(笑)

2匹釣って満足した俺はすぐにホテルに向かったから、その後のオジチャンの釣果は不明




今回、釣りが目的では無かったので、その夜は壱岐の麦焼酎などを堪能

飲酒運転なんかで引っ掛かっちゃ洒落になんないから、釣りは翌朝

夜明けにポイント到着も、向かいのテトラのある良さげな堤防に入ってらっしゃったアングラーは4名は既に後片づけされてました(笑)

壱岐のアジはどうやら夜明けまでがチャンスのようです(汗)

本当は4人のアングラーがいらっしゃった堤防で釣りたかったけれど、歩くの面倒臭て車降りて10歩の堤防で(笑)

それでも1,5gのジグヘッドにOFTのスクリューテールで、25cm程のアジなら釣れた

完全に夜が明けてしまってからはバイトも無くなってしまいましたけど(笑)

道具を片付けてたら地元のオジイチャンが「なんか釣れたね?」と

アジが釣れましたと言うと「ここ2年アジが釣れんようになった」だって

それでも今の時期でも35cmぐらいのなら釣れるそうだ

ポイントも親切に教えて貰ったし、次回は郵便局前のあの堤防にしよう!

足場もいいファミリー向けの、ギガアジとかテラアジは釣れそうにないポイントだけど、フライで狙うと楽しいかも?



壱岐の釣りの反省点

潮汐ぐらいはちゃんと調べましょう(笑)

釣行前、ネット等でポイントの下調べぐらいはしましょう(笑)

ポイントが分からなければ、現地の釣り具店で何か購入し、教えてもらいましょう

暗い時間帯から釣り始めましょう

タックルは数種類準備しておきましょう

a0129011_12451592.jpg
帰りに食べたウニのオムライス

a0129011_12453589.jpg
ウニかけご飯が美味かった!

今回は釣りが目的ではなかったのでコレでよし

また機会があったら壱岐にまた壱岐たい!

唐津~壱岐の旅 (完)

[PR]
# by calm-style | 2018-09-22 12:48 | eat | Comments(0)