バス釣り

初めてバスを釣って30年
最初の1匹を釣った時の感動、感激は今でも鮮明に覚えている
それまで釣ったことはおろか地元のプロショップの水槽でしか見たことがなく、
憧れて憧れて夢にまで見たバスのファーストフィッシュを忘れるはずがない
ルアーでライギョやナマズしか釣ったことのなかった私にとってバスは特別な存在だったのだ

a0129011_1161179.jpg



ベイトリールの使い方
トップウオータープラグの動かし方
ミノーのトゥイッチング
テキサスリグ、キャロライナリグ…
ルアーフィッシングの基本はほとんどバス釣りで学んだと言っても過言ではない


a0129011_1164134.jpg


それから一番バス釣りで学んだことと言えば1匹の魚との関わり合いやプロセスの大切さだ
釣れた数や大きさよりも、その1匹をどうやって釣ったか?
そのプロセスと関わり合いの深さの方が大切なのだ
キャッチ&リリースもバス釣りで学んだ
そんなバス釣りに今回、久しぶりに行ってきた

朝9時から約3時間の釣りで、釣れたのは30㎝にも満たない子バスばかり4匹


a0129011_1174490.jpg


それからオマケのブルーギル

a0129011_1182145.jpg



一度だけデカイのが『ボフッ!』と出たがフッキングしなかった
しかし自分の操るトップウオータープラグに反応してくれただけで大満足

バスの匂いがどこか懐かしかった…



30年前のバス釣り少年へ
まだ釣りをしてますか?
仕事や家庭サービスばかりで疲れてませんか?

a0129011_118445.jpg



釣りをやめてしまった30年前のバス釣り少年へ(特に友人Hへ)
倉庫で眠ってるABUやPFLUEGERを引っ張り出し、
UMCOのタックルボックスを開いてHeddonやBALSA-FIVE-OHを手にとってみませんか?
そしてもう一度バス釣りを始めてみませんか?
少年の頃のあの感動をもう一度思い出してみませんか?
もう一度夢を追ってみませんか?
忘れかけてた何かをフィールドに見つけに行きませんか?
[PR]
# by calm-style | 2008-04-28 11:03 | Fresh water | Comments(2)

TOPでGETだ!

21日・23時
仕事を終え自宅へ帰る
前日からヒラスズキ釣りに行ってる弟と合流し、翌朝一緒に釣りをする予定だったのだが…
無性に焼酎が恋しくなり、釣りか焼酎かで迷った挙げ句、
不覚にも焼酎を選んでしまった(^^;)
最近、酒にだらしなくなってきたようだ(爆)
しかも弱くなってきたし(核爆)


22日・早朝
弟から72㎝をGETしたとメールで報告が入る
ほらみたことか
焼酎の誘惑などに負けちゃうからチャンスを逃してしまうのだ
しかし弟君おめでとう!
三度目の正直ならぬ七度目の正直だったね
連続バラシ記録は6でストップしちゃったけど、そんな不名誉な記録の更新はね~(^^;)


22日・夕方
夕マズメは期待がもてないけど『釣れたら儲けもん』そんな軽い気持ちでキャスト開始
ルアーはいつものSPLASHER 140mm
するとなんと数投目でヒットしちゃった(^^;)
想定外のヒットにちょっとばかし動揺
いつものようにリールを巻く手を止めず強引に寄せ秒殺!
の筈だったのですが足下まで寄せたところでエラ洗い
で、フックアウト(泣)
魚がヒットしてから一度も立ち位置を変えず、
魚の進行方向とは逆方向にロッドを倒して高く構えればエラ洗いしちゃいますよね…
最近バラシてなかったのでつい横着なやりとりをしてしまいました(反省)
あ、ちなみにサイズは目測ですが70~80クラスでした

気を取り直しキャスト再開
すると、なななななーーーんと!約10分後にまたしてもヒット!!
重量感のあるバイトとフッキングした時の感触から大物を確信
リールが巻けないーーー!
これは絶対にデカイ!もしかしたら自己記録更新かも?
な~んて考えちゃったものだから心臓バクバク
一気に走られたら絶対捕れる魚ではないと判断
とにかく早めに勝負をかけることが肝心だ!
しかしロッドをあおり、こちらへ寄せようとするのだがビクともしない
これを逃がしてなるものか!ともう一度大きくアワセをいれたその瞬間
シュン…
まさかのすっぽ抜け…(号泣)
逃げられた魚は大きいだとか…
釣り人の話を聞く時は両手を縛っておけだとか言うけれど…
マジでモンスター級に間違いなかったと思う
リーダーを確認したらスナップから10㎝ほどザラザラした箇所があったので、
ルアーがすっぽりと口の中に入っていたと思うのだが…
あぁ…残念凹
ついてないなぁ…
その後も〝次こそは〟と頑張ったのですが釣れたのはこれでした↓
a0129011_11134534.jpg


骨休め(?)にキャストした餌木にヒット
自宅で計量したら900gだったので、現地で計ってたら1㎏ぐらいかな?


23日・早朝
昨夜のことがあったので気合い十分だったのですが、まさかのノーバイトで撃沈(泣)


23日・夕方
はい、ノーバイトでまたもや撃沈(号泣)


24日・早朝
今回の釣行最終ラウンド!
釣るまで帰らん!と気合い十分だったのですが、ノーバイトのまま無情にも時間は過ぎ…
そして日が高くなり諦めかけたその時!















グンッ!















確かな手応え!















確かな重量感!















今度こそ!と慎重に寄せ!















命をかけたヤツの必死の抵抗に耐え!















無事ランディングしたその魚は!















なんと!















TOPでGETだ!














a0129011_1113931.jpg

TOPで初の!アオリイカーーーーー!!!!!(激壊)


自宅計量で1,1㎏
あ~あ…(溜息)
でもちょっとだけ嬉しかったり(笑)


今回の釣行では基本は大切と痛感
慣れからくる横着な釣りは後悔のもと
皆様も十分ご注意を(大泣)


今回の水揚げは、2日間でイカ2杯とガラカブ20匹…

でも昼間っから綺麗な海を眺めながらのビールは最高だったし
いつもの一人車中宴会も楽しめたし
ガラカブの唐揚げの中華甘酢かけやみそ汁、
それからイカの刺身や塩焼きが美味かったし
そしてなにより!
家族が釣果を喜んで美味しい!美味しいって喜んで食べてくれたからま、いっか~!
家族って本当にいいもんですね♪
[PR]
# by calm-style | 2008-04-25 11:10 | Salt water | Comments(0)

大分渓流

a0129011_11173372.jpg


いつもそうだ

渓に降りた瞬間、背負い込んだ荷物を下ろすかのように体がスッと軽くなる

聞こえるのは渓の音のみ

視界には新緑と美しい川の流れ

どこか懐かしい苔の匂い

心身が洗われていく





清流は魚を磨く
a0129011_11175984.jpg

川辺川上流部や耳川上流部の山女魚ほどではないが美しい魚体




a0129011_11181730.jpg


仕事ばかりじゃ汚れて腐ってしまう

心と体の洗濯にまた行こうと思う
[PR]
# by calm-style | 2008-04-14 11:15 | Fresh water | Comments(0)

三度ヒラスズキ

早朝3時半
朝の爽やかな空気に触れると気持ちがリセットされていく







今回も状況は厳しそうだ…
しかしルアーをキャストしなければ魚はヒットしてはくれない
当たり前の話だが、キャストした回数が多いほどヒットの確率も上がる筈だ
だから私はそこに魚が居ると信じ、黙々と休まずキャストし続ける
釣りの知識、理論など全くない私には、そうするしかないのである
信じたポイントで、信じたルアーを投げ続けるしかないのだ


海面に軌道を残しながら滑るSPLASHER
しばらく静寂の時間がすぎた後、
バシュッ!という捕食音と共にふいに海面が裂ける
反射的にアワセを入れてしまい早アワセとなりフックアップできなかった

ボフッ!
静寂の海に先ほどより一際大きな補食音と共に海面炸裂!
しかしこれは手元にコツッ!と感触を残しただけで海へ戻った
バイトの瞬間が見えていると、どうしても早アワセになってしまう

それならば!と、いつものようにルアーを見ずにリトリーブを繰り返す
こうすることで早アワセを少しだけ遅らせることができるからだ

そして
コツコツと手元に魚からのコンタクト
海面を割らないこのようなバイトは大物の期待が持てる
一呼吸おいたあと猛烈にロッドを3度煽りフィッシュオン!
魚が沖を向きかけた時、もう一度大きくロッドを煽る
沖へ走られ加速されたらそれが最後、
ラインが緊張した直後に行き場を失ったヒラスズキは海面を割り、
宙に舞い、激しく首を振り、その太い尾ビレで水面を強く叩くであろう
俗に言うエラ洗いだ
それをさせてしまうとフックアウトの確率がグンと高まってしまう
それだけは避けたい!
その一心で強引に頭をこちらへ向かせリールを渾身の力で巻き上げる
魚の走る方向へ先回りし距離を縮める
その間、一度もリールを巻く手を休めない
そして秒殺

a0129011_11215524.jpg


70㎝後半か?と思ったのだがメジャーをあててみると83㎝
5,9㎏であった

今年2匹目のヒラスズキもまたまた80㎝オーバー
ラッキーだ
もう神懸かり的としか言いようがない

ちなみに一年前の同じ日には自己記録のヒラスズキをキャッチしている
※こちらを参照

豊かな天草の海に深く感謝!!

a0129011_11222724.jpg


帰り際どうしても死後硬直する前の綺麗な姿を撮りたくてなってセルフタイマーで一枚
見て下さい!この太い尾びれの付け根!口のデカさ!もう大迫力!

a0129011_11225791.jpg


そして帰ってからもう一枚(笑)
この迫力ある筋肉質な背中の盛り上がりはたまらない!


海が海らしく
空が空らしく
山が山らしい
そんな環境で釣りができる私は幸せ者だと思う
[PR]
# by calm-style | 2008-04-12 11:20 | Salt water | Comments(0)

大物!好物!GET!

大物!好物!GET!
4日 23時
仕事から帰りソッコーで支度を済ませ車へ飛び乗る
勿論、今回のターゲットもヒラスズキ
潮は闇夜に近い中潮
今までの経験上あまり期待できないが、自然が相手なので釣ってみなけりゃわからない

午前2時前 現地到着
仮眠をとる前にいつもの車中一人宴会
発泡酒2本、熱燗1合、焼酎のお湯割り2杯
しかし、これが悪かった
見事に二日酔い&朝寝坊(泣)
で、ノーバイトで撃沈凹
(あとから聞いた話だが、私が帰った後で2本釣れ、3匹目はバラシだったそうだ…あぁ…)

こんな遠くまで来て手ぶらじゃ帰れないので近くの港でコチを狙ってみることに
するとフォーリング中にゴゴゴッ!っとバイト
すかさずビシュッ!っとアワセをいれ、釣れたのは本命マゴチ

a0129011_11265714.jpg


約50㎝ 嬉しすぎる(T_T)
爆釣か?と思ったのだが後が続かずここでストップフィッシング

しばらく海を眺めながらマッタリTIME
こんな時間もいいものですね♪
そしてお腹が空いたので近くのコンビニへ立ち寄ると、
揚げたての鶏の唐揚げのお店が店先に!
迷わず購入し真っ昼間っからビールで車中宴会(笑)
唐揚げの味ですか?ま、普通かなぁ?でも揚げたてだったのがGOODでした

夕方、このままじゃお土産不足だ!ってんでイカ釣り
で、ようやくこのサイズを一杯GET

a0129011_11272294.jpg


イカ釣りは嫌いだ!てゆーか苦手だ(^^;)

そして暗くなり始めた頃から再度ヒラスズキを狙うも再度撃沈(泣)
ルアーにイカがバイトしてくるのでそれならイカだ!と狙ってみるも1バラシのみでこちらも撃沈
大型のイカに間違いなかっただけに残念度×2

そして翌朝!
そーなんです!2日連続です!
今回は寝坊せず4時に起床できました♪
海は予想通りベタ凪
少しぐらい波っ気があった方がいいのにな…
今日もダメかも… なぁ~んて弱気な気持ちでいつものスプラッシャーをリトリーブしていると、
ボフツ!っと海面炸裂
しかし手元にコンッ!と感触を残しただけでフックアップせず
ヒラスズキの下手くそ!ちゃんと食え!等と心の中で八つ当たりしてみたり(^^;)
その後、明らかにヒラスズキが補食し首を振る感触が手元に伝わったのだがこちらはスッポ抜け(大泣)
明るい時間帯まで頑張ってみたのですが結局ノーフィッシュ…
2日連続で撃沈です(T_T)

でもね、帰りのお土産釣りでこんなミラクルが!
             ↓


















おお!ミラコー!大好物 赤ナマコGET!

a0129011_1127519.jpg



そして!
  ↓


















a0129011_11281341.jpg

YES!ガラカブ!(カサゴ)軽く尺オーバーの大物!しかも片目!



どうだ!

a0129011_11283148.jpg


ある意味ヒラスズキ釣るのよりこのサイズのガラカブ釣る方が難しいですよね!?
とかなんとか言えば言うほど虚しい(号泣)

8時からの約2時間の実釣でガラカブ16匹とオマケのナマコ1匹
お土産釣りとしてはまずまずかな?



でもね、やっぱり1本でもいいからヒラスズキが釣りたかった(T_T)

来週も懲りずに行くぞ!ヒラスズキ!
釣れない日があるからこそ釣れた時の喜びが大きいのだ!
ですよね!?(号泣)
[PR]
# by calm-style | 2008-04-05 11:25 | Salt water | Comments(0)