<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

TG-2入魂完了(泣)

本日

天草でpana君と

青物だ!ROCKだ!

もしかしたら得意の(笑)イカも!の予定だったけれど

天気予報じゃ明け方から雨

ならば行くだけムダ?

てことで急遽、近場のスズキさんに変更して攻めるS

撃沈…

場所移動

お次は色んな意味で苦手だけれどM





a0129011_9481469.jpg

で、短時間に立て続けにこんなセイゴ2匹

釣れてもあまり嬉しくなかったってゆー…

TG-2の入魂はセイゴ(爆)

写真もつい雑に…

ちなみにヒットルアーは2匹ともティムコのDedan113 シマダパープル



干潟にズブズブ

足が抜けんよーになるし(恐)

魚が暴れて顔にウェアにタックルに干潟の洗礼(汚)

やっぱり俺、Mは苦手だ><

てゆーか、朝から雨降ってねーじゃん!

風もそんなにねーぞ!

気象庁のバカヤロー!(泣)

天草へ行くべきだったね…

俺の判断ミス

pana君ごめんね ;;

ぐわーっ!

ストレス爆発するー!

さっ!

寝よう

オヤスマ!(号泣)
[PR]
by calm-style | 2013-10-23 09:51 | Salt water | Comments(14)

新しい相棒(デジカメ)が我が家にやってきた!

先日、ZEROKINGさんのせいで俺の不注意で殉職してしまった俺の相棒OLYMPUS TG-620

で、早速その日から次の相棒(防水デジカメ)探し

ちなみに俺、カメラの知識なんて全くない

先ずはなんてったって価格

安い方がいいに決まってる

今までのOLYMPUS TG-620で十分満足してたので、その後継機種TG-630で十分だ

コンパクトだし、画像だってそれなりだったし、値段も15000円弱とお手頃ですしね

でもね、せっかく購入するのに前のとほとんど変わらない機種ってのも何だかなー…って色々考えた

でもって何に重点を置いて探すかって考えたら防水は勿論、暗所に強いカメラであるってこと

釣りって朝マズメや夕マズメの光量の少ない時に釣れることが多いですからね

で、色々と調べたら「F2.0レンズ」ってヤツが明るいレンズらしい

カメラに全く知識のない俺なので、明るいレンズ=暗所に強いと解釈

そしてそのF2.0レンズを使用してる防水デジカメは『OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough』

それから『PENTAX WG-3』の2機種

大きな違いはGPSを搭載してるかしてないかってとこぐらいかな?

ハッキリ言ってGPSなんていらねー

『PENTAX WG-3 GPS』ってゆーGPSを搭載してるモデルもあるけれど、こちらは対象外

GPSを搭載してる分、値段も高くなってますしね

価格は『OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough』が実売3万円程度

『PENTAX WG-3』は2万円ぐらい

1万の差は大きい!

しかし…

デザインがねぇ…

正直言ってゴテゴテしたPENTAX WG-3のデザイン嫌い

以前、PENTAX Optio W60を使用してたんだけど、シンプルで格好良かったんだけどなぁ…

なんか残念

かといってOLYMPUS STYLUS TG-2 Toughのデザインが好きか?ってーと、そうでもない

デザインだと『Nikon 1 AW1』が好きだ

でも9万円程もするんですもん、ボンビーな俺には絶対に無理

で、購入したのは『OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough』

同時にシリコンジャケット、コンバーターアダプター、PLフィルターも購入

a0129011_14242810.jpg

画像はコンバーターアダプター、PLフィルターを装着したもの




オプションを装着してないノーマルはこちら
         ↓

a0129011_14243942.jpg

赤いレンズリングが嫌い

でも、黒いレンズリングも付属してたので交換可能

購入の決め手となったのはコンバーターアダプターを使用して色んなフィルターやレンズを楽しめるってところ

水辺で使用することが殆どだからPL(偏光)のレンズフィルターってのに興味があって使用してみたかったんですよね

で、早速触ってみたんだけれど、

以前使ってたOLYMPUS TG-620と使い勝手がほぼ同じなので、戸惑うことなくスムーズに使える感じ

OLYMPUS TG-620のジョイスティックは扱いにくく誤操作ばかりでイライラもんだったけど、

TG-2の十字キーはそれに比べると、とても使いやすかった

a0129011_14252164.jpg


ただ、冬場にグローブ着用の際はやっぱり苦労しそうですけどね

そして部屋の中の薄暗い所で試し撮りしてみたのですが、TG-620よりかなり明るく写っていい感じ

これなら薄暗い渓での渓魚の撮影も苦労しなさそう♪

ただ、モニターで見る画像の色と実際の画像の色合いがモニターの方がかなり濃いのが少しだけ不満

パソコンに取り込んでみると、モニターで確認した色よりかなり薄いんですよね

なんとかならんのかな?

それからTG-620よりかなり重いし、大きい…

今までみたいに気軽にフィッシングベストの中へポイッって訳にはいかないかも知れないなぁ…

購入価格はカメラ本体を某量販店で29800円

それにAmazonでシリコンジャケット、コンバーターアダプター、

PLフィルター、カメラケースも購入したのでトータルで約4万円(爆)

カヤック購入資金がぁ…(泣)

でも、カヤック購入の話を家族にしたら、両親に猛反対されたから、カヤックはもう無いかもなぁ…

さてと、入魂画像は何にしようかな?

やっぱり最近はまってしまってるロックフィッシュかな?

pana君、23日はどこで何を狙おっかぁ?

俺は前夜の宴だけでもOKだよ♪(笑)

何れにせよ台風次第だね(爆)


a0129011_1425373.jpg

てゆーか、高い買い物したなぁ…

TG-630で俺には十分だったのかもなぁ…

カメラの知識もないし、TG-2だからって綺麗な写真を撮れる保証も無いし…

とかって後悔するのはやめて『OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough』使い倒すぞ!!


Xperia Zにて撮影
[PR]
by calm-style | 2013-10-21 14:27 | etc | Comments(9)

天草・ハードロックフィッシュゲーム(ZEROKING船長逆恨み編・笑)

10月14日

釣行前夜

迷いましたよ

風が強そうだし、波も高くなりそうだし…

なんか悪い予感がするし

それに潮だって悪そうだし…

でもね、潮が悪いってことは釣れなかった時の言い訳ができる訳で…

それに、自宅でゴロゴロしとくより精神衛生上にもイイ!

てことで、天草へGO!




10月15日

5時起床

外は真っ暗

まだ早い… 

もう少し寝よう zzz…

と、これが悪かった

次に目が覚めたのは6時過ぎ

完全に夜が明けてしまってるやーん!(泣)

急いで支度を済ませ地磯へ転げ落ちる

前回は第1投目でヒットした

今回も!!

と、期待するも気合いと期待が空回り

なーんも起きません

ベイトっ気もなし

ショートバイトさえなし

下げ潮がいかんのかなぁ… 

前回も、前々回も上げ潮だったもんなぁ…

やっぱ、潮がいかんとばい

などとブツブツブツブツ

そして30分程経過した頃

フォーリング中のバグアンツに「コツコツ!」と、ようやくバイト

ロッドを前に倒して送り込み

一呼吸おいてフッキングー!

鬼アワセをもう一発ーーっ!!

フッキングは完璧!!!

ですが、リール(Daiwa CALDIA 3000)が巻けません ^^;

デカイなこりゃ ^^;(ちなみにロッドはYAMAGA Blanks EARLY 88MLRF)

とかって考えてる場合じゃーない!

渾身の力でロッドを立てて煽り、魚に上を向かせてスーパーゴリ巻きーーーー!!!!

きっと、この時、鬼のような顔してたと思います ^^;

途中、3度もリールが巻けなくなったけど、無事に39㎝のアカハタGET!(諸事情により画像無し)

やっぱ、ベイトタックルが必要なのかもなぁ…

なんて考えてた頃に一人のエギンガーさん

どうやら俺の隣で釣られるらしい

俺:「ここで釣られるんですか?俺が場所変わりましょうか?」

エギンガーさん:「いえ、いいです^^ 素人ですので」

俺:「??????」

邪魔にならないとこで釣りをされるみたいだし…

ま、いっかー!って感じでその後もそこで粘るも反応無し

よし!場所移動!

と、後ろを振り返ると先程のエギンガーさんの姿が見えない

ロッドは地磯へ放置されたまま…

スワッ!もしかして!

嫌な予感が頭をよぎったが、構わず次のポイントを目指し地磯を歩いてた途中…

見てはイケないものを見てしまった(爆)





そして次のポイント

ここの反応は良く、底が見える程のシャローで立て続けに良型を2匹!(諸事情により画像無し)

そして続けて25㎝クラスの微妙なサイズGET!

リリースか…

それともキープか…

悩む俺

「煮付けにすると美味いぞ!」と、欲深い方の俺

「良型3匹あるし、可哀想だからこれはリリースかな?」と、余裕の俺

でも、ZEROKINGさん は30㎝以下はリリースされてたし…

お土産も良型3匹もあれば十分っしょ!^^

てことでリリースを選択

丁寧にフックを外し

腰をかがめて前のめりになって、水面近くまで手を伸ばして優しくリリース

「ドボン!」

「ドボン!」

立て続けに「ドボン!」が2回

最初の「ドボン」はアカハタ

そして次の「ドボン」は胸のポケットに入れてたデジカメ(爆)

ケースに入れていた為、まだ水面に浮いている

よし!飛び込んで救出だ!

しかし、厚手のコットン素材のジャケットを着たままじゃ溺れてしまう

急いで帽子を、サングラスを、フィッシングベストを、ジャケットを脱ぎいざ海へ!

と、目をやると、浮いていたはずのデジカメがない

どうやら沈んでしまったようだ

考えてる暇など無い!

えい!やーー!!と海へ飛び込む!!!

でもね、綺麗に見える海も裸眼じゃ底までよく見えない

浅そうに見えるけれど、実際はかなりの水深

底まで潜れない…

何度かトライしてるうちに体力が消耗

潮も飲んでしまった

こりゃ危険ってことで諦めて地磯へ上がろうと試みるもなかなか上手くいかない

で、ようやく上がることは出来たけれど、牡蠣で手のひらや指は傷だらけ

ま、それぐらいで済んだからヨシとしておこう

2013年 10月15日

OLYMPUS TG-620殉職(泣)




デジカメはまた買えばいい

デジカメに命なんて懸けられないし

でもねー…

せっかく撮った画像がねー…

証拠写真が残せなかったのが残念だなぁ…

なーんて、地磯に座り込んだままずーっと考えてた

釣りを続けるなんて選択肢は全く無し

正に放心状態

で、スマホで撮ればイイじゃん!とかって気が付いたのは陸に上がって約30分以上も経ってから(爆)

で、これがその画像です↓

a0129011_1715180.jpg

錦鯉3匹

てゆーか、スマホじゃやっぱまともな画像撮れませんね…

ロックフィッシュ専用ロッドよりデジカメが先だなぁ…

また出費かぁ…

痛すぎます(泣)

てゆーか、リリースを選ばなかったらデジカメは殉職せずに済んだのかもなぁ…

資源保護とかっていいことした筈なのに割に合わん

な~んて最後にセコイこと言って締めくくります(号泣)
[PR]
by calm-style | 2013-10-15 17:14 | Salt water | Comments(20)

天草・ショア・ハードロックフィッシュゲームタックルについて考えてみた

a0129011_21462199.jpg

先日30オーバーのアカハタ(大で38㎝)がこんだけ釣れて、ドップリとはまってしまった感じのショアハードロックフィッシュゲーム




a0129011_2205092.jpg

こんな高級魚の大型も釣れちゃうんだからたまりません!




で、




a0129011_21464148.jpg

最近は釣り本とか買わないんだけれど、こんなのも購入してしまった

ま、漢字が読めないんで(笑)写真ばかり見て文章はほとんど読んではいませんけどね(笑)

で、前回と前々回のショアからのロックフィッシュゲームで感じたことは、タックルの見直し

本気で50㎝オーバーのロックフィッシュをショアから獲りたいのであれば、それなりのタックルが必要だと感じた

チニングタックルでは40㎝クラス相手だと非力だったし、50㎝クラスなら一発で根に持って行かれることだろう

かと言って、ヒラスズキタックルでは操作性に難有りで、バイトも拾いにくかった

何れにせよヒットしてから一瞬でも早く魚をボトムから離すことが肝心

引きを楽しむなんてもっての他だ



先ずはリール

前回はダイワの3000番を使用したのだけれど、38㎝のアカハタ相手でも巻く手が2度も止まってしまった

50㎝クラスなら一気に根に持って行かれてエラロックされてたかも知れない

とゆーことは、巻き上げる力の強いベイトリールの方が有利かも?

しかしだ、俺はなるべく軽いリグの方が吸い込みもイイし、ナチュラルな演出もできるし、根掛かりも回避できると思ってる

俺の場合7~10gのバレットシンカーを多様する訳だから、ベイトリールでは飛距離が稼げない

陸っぱりで飛距離を稼げないのは致命的だ

それに、リグをスイミングさせるにはスピニングの方が有利だと思う

とかって講釈タレてますが、実際のところベイトタックルを揃える資金力がない(爆)

ロッドもリールも両方ってなると、安くても5諭吉は必要な気がしますし…

で、ボンビーな俺が狙うのは必然的にスピニングロッド

リールはヒラスズキ用に使用してるダイワの3000番クラスで我慢しようかな?

で、ロッドの長さなのですが、ハードロックフィッシュゲーム用のロッドは7フィートチョイのモノが何故か多い

取り回しの良さと感度の良さを考えてのことだろうけれど、

ハッキリ言ってこれじゃあ天草の地磯で使用するには短かすぎる気がする

天草の海にはとんでもないモンスターもいますしね

オフショアなら魚との角度が直角に近い訳だからロッドの長さはそれほど必要無いかも知れない

むしろ短い方がリフトアップも容易にできていいだろう

足場の高い堤防などから狙う場合もそれほど長さは必要ないかも知れない

しかし、地磯からの場合、魚との角度が付きにくい

遠い所でヒットすればするほど魚との角度が小さくなる訳で…

そうなると必然的に根ズレでラインをヤられる確立も高まるし、根に入られる確立だって高まる

だからって10フィートのシーバスロッドでは取り回しが悪かったし、ルアーにアクションも付けにくく、バイトもとり辛い

で、長さ的に俺は9ft前後のモノが欲しいのですが、大型ロックフィッシュ専用のロッドとなると、無いんですよね、その長さ

今のところ候補にあがってるのは下記



■DAIKO Spear HARD ROCK SRS762MH
http://www.f-daiko.com/lure/product/spear_inshore/spear_inshore.html
長さが俺的にかなり足りない気もするが、安くていいモノを作るDAIKOさんだけに期待大
適合ルアーが7-35gってのがちょうどいい気がする
実売価格が2万円弱とお手頃なのも◎

■LUXE COASTLINE 岩鬼 FⅡ S80MH-RF
http://www.luxxe.jp/products/rod/iwaki_f2.html
長さは8ftと短くもなく長くもなく
8ftで自重125gの軽さは特筆モノ
いぶし銀のがまかつだけに期待大!
実売価格25000円前後

■OFT スモーキー・ギブス73 SGB-73S
http://www.oft-fishing.com/pockin/vol_023.html
色が赤… うーん… 微妙…
値段も4万ほどもするし…
いいロッドなんだろうけどコレは資金的に無理かなぁ…

■TENRYU ヴォルテックス RV82SP-H
http://fishing.tenryu-magna.com/shore/vortex.html
以前は大好きなザウルスのロッドも作ってた信頼の天龍
8,2フィートと長さも俺の希望には届かないが、
他のメーカーと比べると長い方なのが◎
自重が171gとやや重いのが難点か?
カーボンとグラスの割合が74/26と粘りもありそう
実売価格28000円前後

■Ocean Ruler クレイオス KR-L92TP-MH
http://www.tsuriken.co.jp/pc/OceanRuler/Kreios/kr-l.html
俺の場合、根の荒い地磯から狙うことが多いので、この長さは有り難い
9ftという長さは飛距離は勿論、
ルアーのロストや障害物の回避に一躍かってくれること間違いなし
定価28200円
どうにか手を出せる価格?


買うなら安くていいモノを昔から作ってるDAIKOかな?
値段が一番安いですしね。^^
DAIKOは昔から好きなブランドで相性もイイ
でも、長さが俺のフィールドだと全く足りない気がするんだよねー…
やっぱTENRYUにしようかなぁ?デザインも好きな感じだし
LUXEの軽さはオッサンな俺には魅力的
疲れにくそうだしなぁ…
でも天草の地磯で使用するなら9ftのクレイオスが一番かも?
もしくは4号以上の餌木をガンガンシャクレるハードなエギングロッドとかもいいかも?
うーん…
どうしよう?
とかって考えるのも楽しいもんですね♪
考えるだけならタダですし ^^
これも釣りの楽しみの一部ですよね ^^
ま、結局買えないんだろうなぁ(爆)
とかってゆー独り言でした(笑)

そして後日
伊豆でアカハタを狙ってらっしゃるつっちーさんって方から
親切にもこんなのあるよ!って教えて頂きました♪
俺の希望にぴったり!
コレに決まり!^^
    ↓
http://calm8.exblog.jp/18966835/
[PR]
by calm-style | 2013-10-10 21:50 | Salt water | Comments(14)

天草・ショア・ロックフィッシュゲーム

前回、チニングタックルで挑んだショアロックフィッシュゲーム

が、前回の釣行で40オーバーのロックフィッシュ相手だとロッドもリールも少し非力に感じた

万が一、まぐれで50オーバーなんかがヒットしちゃったらと思うと心許ない

てか、俺のテクニックじゃチニングタックルじゃ絶対獲れんだろ

オフショアからならともかく、ショアからだと根に持って行かれるのが関の山

てことで、今回はほぼヒラスズキに普段使用してるタックルでトライすることに



6時過ぎ実釣開始!

前回は運良く良型のアコウ(キジハタ)とアカハタを釣ることが出来たけれど、

今回はどうなることやら?

自信は…

全くない ^^;

そんな第一投目

ビシュ!っと遠投

ボトムまで沈めて真上にロッドを立ててECOGEARのBUG ANTSをリフト

そして素早くラインスラッグを巻き取りテンションフォール

コレを繰り返していると…

フォール中に「ゴゴゴッ!」

第一投目から釣れちゃった(笑)

a0129011_1962234.jpg

ガラカブ交りで30クラスを立て続けに2匹

満足満足

で、チョットだけ場所移動

で!

a0129011_1963569.jpg

また釣れちゃった ^^

そしてもうソロソロ帰ろうかなぁ?

なぁ~んて考えてた頃に

「ズゴゴゴゴゴッ!」

リールを巻く手が止まってしまうほどの強烈な締め込みでハラハラさせてくれた魚は…

a0129011_196487.jpg

40オーバーとはいかなかったけれど、本日最大の38㎝!(喜)




a0129011_1965960.jpg

終わってみればアカハタ8匹(25㎝以下はリリース)

ガラカブ2匹

ショアからこんだけ釣れるんだから、カヤックならどんだけ釣れるんだろ?

豊かな天草の海に感謝!感謝!の一日なのでした ^^

ロックフィッシュ最高!


しかし、やはり10フィートのロッドは操作性に欠ける

陸っぱりロックフィッシュ専用ロッドの必要性を感じたなぁ…

7~8フィートぐらいの専用ロッドが欲しいなぁ…

宝くじ当たらんかなぁ…(爆)



【TACKLE DATA】
ROD:DAIKO PREMIER PMRS 102M
REEL:Daiwa CALDIA 3000
LINE:KUREHA Serguar R18 1,5号
SHOCK READER:KUREHA Serguar ACE 7号
LURE:ECOGEAR BUG ANTS 3inch+DECOY Kg HOOK Hyper 1/0
[PR]
by calm-style | 2013-10-07 19:08 | Salt water | Comments(18)

熊本発!爆釣トラウトミノー「熊襲・Kumaso」

俺に数々のメモリアルフィッシュをプレゼントしてくれた、熊本発、壮絶、爆釣渓流ミノー「熊襲 kumaso」

もしかしたら販売してくれるかも?

気になられた方は、制作者のくにさんのブログの「オーナーへメッセージ」からくにさんにメールで問い合わせてみられて下さい

URLはコチラです↓

http://yamameman.naturum.ne.jp/

大物キラーの超絶ミノーを是非入手されてみてはいかがでしょうか?

早い者勝ち?です ^^

下の画像は「熊襲」と熊襲でキャッチしたヤマメです♪



あ!そうそう!

あの芸術的で美しい、くにさんハンドメイドの『memoriesネット』も交渉次第では制作してくれるかも知れません

ご依頼されるなら早めに問い合わせされた方がいいかも知れません。^^

渓流オフシーズンの今がチャンスです! ^^










a0129011_21111810.jpg













a0129011_21114598.jpg













a0129011_2112986.jpg













a0129011_21123367.jpg













a0129011_21132284.jpg













a0129011_21134878.jpg













a0129011_21145924.jpg











a0129011_21262657.jpg

[PR]
by calm-style | 2013-10-02 21:27 | Fresh water | Comments(2)

2013渓流シーズン閉幕

9月29日

2013渓流シーズン最終日前夜

渓流ミノー『熊襲』と『memoriesネット』のビルダーくにさんと前入り宴









a0129011_15502680.jpg

阿蘇の地鶏が最高だった!

pana君によると地鶏の匂いが下界まで届いてたそうだ(笑)









a0129011_15502862.jpg

くにさんの手土産、球磨焼酎『川辺』

2013ロサンゼルス インターナショナル スピリッツ アワード焼酎部門にて、最高金賞を受賞した焼酎を、

川辺川の川の音を聞きながら飲むという、これ以上ない贅沢を堪能









a0129011_15505042.jpg

釣りの話からたわいもない話まで本当に楽しい時間だった

ゆっくりと流れる時間が心地良かった









a0129011_1551029.jpg

9日30日

最後を締めくくるのは、あの場所と決めていた

釣れても釣れなくても満足の出来る、ネイティブなヤマメと出会えるあの渓と…

ミストが降り注ぎヒンヤリとした中を釣り上がる









a0129011_15512549.jpg

これは、くにさんの1匹

結果から言うと釣りの方はこの日さっぱり

徒歩で1時間30分もかけて入渓したのにね(苦笑)

それもその筈、工事車両かと思ってた2台のトラックは釣り人の車だった

俺等はその後ろを追いかけて釣り上がってたって訳

渋い筈だ(苦笑)

それでも俺のルアーをチェイスしてきた良型のヤマメをくにさんがあっさりGET!

あの手この手をつかって狙った魚を狙って釣る瞬間を目の当たりにし、鳥肌が立った

しかも、テクニカルなポイントで2匹も引き出すとは…

尊敬だ









a0129011_15513036.jpg

キャスティング、リトリーブ、アクション、トレースコース

俺はくにさんにどれ一つ敵わない

そしてこれからも追いつけないと実感させられた

いつもながらの変幻自在で美しいキャスティングにうっとりさせられた

後ろからくにさんの釣りを見ているだけで満足

そんな素晴らしいアングラーと一緒に釣りが出来ることに喜びを感じずにはいられない









俺の中で魚が釣れなくてもある程度の満足感を得られるのは渓流釣りのみ

今年も楽しかった

そして今期もアッと言う間に終わってしまったような気がする

釣果も本流での一匹を除いてはこれといった魚との出会いも無かった

釣行回数も少なく

今期は何故かヤマメをキープし、口にすることも無かった

2013渓流シーズン閉幕

今日になって少し寂しさを感じ始めている









a0129011_15515464.jpg

今期、1匹を除いては全てくにさん制作の渓流ミノー『熊襲』での釣果

本流での尺上もそうだ

思い起こせば昨年の本流のビッグワンも『熊襲』だった

今や熊襲なしで俺のトラウトフィッシングは語れない

くにさん、本当に有り難う御座いました!

また来年も宜しくお願い致します!







最後に…

渓に、渓魚に、仲間に感謝!

この日も転倒して肋骨の下を強打したが、

大きな事故・怪我もなく最終日を終えられたことに心から感謝!

欲を言うならミノーにコツンと触っていった、

あの大ヤマメが釣れてたら有終の美を飾られたんだけどなぁ…

ま、来年の楽しみにとっておこう!
[PR]
by calm-style | 2013-10-01 15:59 | Fresh water | Comments(8)