<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワインド釣法初挑戦!

26日

22時半に帰宅

翌日、昼スズキに行こうと計画してたけれど、闇夜の大潮ってのが気になって仕方ない

ならばと行ってきました天草へ

ターゲットはスズキ、メバル、タチウオ等々




深夜12時

お目当てのポイントは先行者有り

隣で釣らせてもらおうか?とも思ったけれど、それも厚かましいかな?と、場所移動

一声かければ隣で釣っていいってもんでもないですしね

俺はそれほど厚かましくはない←本当だってば!(笑)



次のポイントでは何やらドコソコでライズ

先ずはペンシルを投げてみるが反応無し

ならば!と、シラスヘッド1,3gにママワームフィッシュをセットして水面テロ引き~

と、

数投目でコココッ!っと小気味よいバイト

フッキングをかますといきなりジャンプ!

ライズの犯人はコレでした
      ↓

a0129011_1603587.jpg

有明ターポンことヒラ (ニシン目・ニシン科・ニシン亜科・ヒラ属・ヒラ)




いつ見ても古代魚のような不思議な顔した魚だ

ちなみにこのヒラ、鮮度のいいヤツは刺身が美味!

ただ、小骨が多いからハモみたいに骨切りをしないと、とても食べられたもんじゃないですけどね



その後は群れが回遊してきてはパタパタとヒットし沈黙の繰り返し

よく走るしジャンプするし楽しい魚だが、30㎝ちょいとサイズが不満

6匹ほど釣ったところで場所移動



小さいのはもういいってことで、最近流行のワインド釣法に初挑戦

白系の「マナティ」75に、ワインド専用「ZZ Head」3/8ozをセット

中層までカウントダウンし、ジギングのロングジャークのようにしゃくる

タチウオが釣れないかなぁ~

とかって考えながらしゃくっていたらいきなり

「ゴン!」

タチウオかと思ったが、残念ながらヒラだった

但しサイズは50㎝クラスの満足サイズでしたよ♪

(※地磯でドタバタ暴れて血まみれになって内蔵まで出てしまいグロイので画像は無し)

これくらいのサイズになると引きも強烈で、ルアーのターゲットとしては申し分なし

その後、40㎝弱もあるカマスをゲットしたところで睡魔に襲われ車中泊

a0129011_1611072.jpg





「ワインド釣法」

しゃくり上げる時に「ゴン!」ですもん

手元に伝わる衝撃が通常のリトリーブ時とは全く違います

面白い!はまってしまうかも?

ただ、しゃくり方が悪いのか、手首がめっちゃ痛かったなぁ…

柔な手首をもっと鍛えないとなぁ ^^;






27日

仮眠のつもりがガッツリ寝てしまい、目覚めたのは7時過ぎ

エギングを1時間頑張るも、なんもなし

やっぱりエギングは嫌いだ!いや…苦手だ(笑)





とゆーことで、今回の釣りはお終い














にする筈だったけど、昼飯食ってすぐに河口へ(笑)

スズキをサクッっと釣ってエギングのストレスを解消するつもりが大苦戦

釣り始めから3時間も経った頃にようやくヒット

しかしこんなサイズ(泣)
      ↓
a0129011_165122.jpg





その後、立て続けに2匹追加するも同サイズ(爆)

潮が満ち返し始め、17時で終了と決めた16時58分

遅れて登場し、それまでノーフィッシュだったpanaくんが、見事にスズキさんゲット!

しかも今日一のサイズ!

終了2分前にゲットですもん

しかも!

ルアーは拾ったコモモモドキだったし(笑)

やはりpanaくん何か持ってるね~ ^^

ブツ持ち写真をお願いしたけれど、微妙なサイズだったためか、却下されたため画像無し(笑)



それにしても、もう10月の後半だってのに、なんでセイゴちゃんばかりなんかなぁ?

メーターオーバーとか90クラスなんて贅沢言わないから、せめて80クラスば獲りたかです凹

スズキは飽きただとか言ってた俺だけど、今期の秋スズキは3連勝!

こうもお相手してくれるとなんだかまた好きになりような予感 (* v v)ポッ


てゆーか、たった今、pana君から連絡入ったけれど、スズキさんの5匹目だそうだ ^^;

しかも80UP混じりなんだとか ^^;

嫌がらせメールはいい加減にしてくれー!!(爆)
[PR]
by calm-style | 2011-10-29 16:05 | Salt water | Comments(8)

鹿児島遠征!

a0129011_22335782.jpg

桜島!





a0129011_22342092.jpg

鹿児島へ行ったら取りあえずジンベエザメね(笑)




で、




a0129011_22343554.jpg

ついでにアオリイカもね ^^









せっかくならその土地の美味しい食べ物でお腹と心を満たしましょう♪

てことで鹿児島の老舗、芸能人御用達『熊襲亭』で贅沢

a0129011_14531744.jpg


『篤姫コース』(8000円)はこんな感じ♪




a0129011_22345283.jpg

前菜

これに酒盗(カツオの腸の塩から)付き※画像無し







a0129011_223563.jpg

きびなごと季節の刺身

鹿児島と言えばやっぱりキビナゴの刺身

これは酢味噌との相性◎







a0129011_22353074.jpg

さつま揚げ

揚げたての薩摩揚げは文句の付けどころ無し







a0129011_22354627.jpg

地鶏とカツオのたたき盛り合わせ

コリコリ祭り♪







a0129011_2236318.jpg

黒豚のしゃぶしゃぶ

とろける美味さ!







a0129011_22361918.jpg

黒豚のトンコツ

お箸で触れるだけでお肉がほろほろと…







a0129011_22363666.jpg

バイ貝

文句なし!貝好きな俺にはなによりものご馳走!







a0129011_22443391.jpg

平ガニの鬼瓦焼

食べるところは少ないけれど、旨みが凝縮されてる感じで濃厚!






a0129011_22371763.jpg

酒ずし&さつま汁

予約なしで鹿児島の郷土料理、酒ずしを食べられるのはココ熊襲亭だけ!

お酒に弱い人は酔います(笑)

さつま汁はどこか懐かしいオバアチャンの味♪







a0129011_22373448.jpg

デザート

芋羊羹は上品な甘さ







あ、釣り?

朝マズメ約1時間で、俺がチビメバ5匹と、30㎝オーバーのムツ少々

絶好調komomo♪がイカ3杯でしたよ ^^


こんな遠征もたまにはイイネ!




てゆーか、鹿児島最高!

食べ物は安いし美味いし…

なにより

温かみがあり親切な県民性に惚れちゃった(*μ_μ)ポッ

海も綺麗で、魚種も豊富ですしね

次に住むなら絶対鹿児島だな!


今夜は自分へのお土産、芋焼酎「無濾過・アサヒ」で酔ってるでごわす♪
[PR]
by calm-style | 2011-10-24 23:32 | Salt water | Comments(10)

釣りのポイントは誰のもの? (calmの独り言後編)

釣りのポイントは誰のものでもないと思う

でも、そこを開拓してきた人達に敬意を払うべきだと俺は思う

大切にしてきたポイントが釣り雑誌で紹介されたり、

ブログやホームページに画像付きでUPされているのを目にし、

悲しく、寂しく、残念に思った経験があるのは俺だけでは無いと思う

自分で開拓した場所に限らず、メジャーなポイントでも俺はブログにポイントの画像をUPすることを好まない

雑誌等は勿論、インターネットにおいてもポイントを紹介するときは十分慎重になるべきだと思う

それがもとで多方面から釣り人が殺到し、

車の騒音、違法駐車、ゴミ捨て等で地元の方に迷惑を掛けてしまう恐れもあるし、

それが原因でポイントが釣り禁止になってしまう可能性だってある

全てがマナーの悪い釣り人では無い訳だけど、

一部のマナーのない釣り人のお陰でポイントが潰れてしまうことだって十分に考えられる

だから俺はポイントの風景写真はブログに極力UPしないように心掛けている

それが原因で人間関係でさえ崩れてしまうことさえ十分にあり得ることですから…

たまにメール等でポイントを聞いてこられることがあるけれど、

こうした考えから俺はポイントの紹介はしていないのでご了承頂けたら幸いです

そういえば、あるポイントで有名アングラーにお会いした時、

「ここは記事にしないで下さいと」頭を下げ懇願したこともあったなぁ…



釣り雑誌等ではもっと環境問題を取り上げて欲しい

そうすることで少しは自然に優しいアングラーが増えるのではないかと思っている

釣りが出来ないポイントが増えれば増えるほど、

釣り業界は自分で自分の首を絞めることにもなりかねないと俺は思う



「スポーツフィッシング」「キャッチ&リリース」

言い方を変えれば釣り針で傷つけた食べない魚を元の場所へ返してる自己満足的行為

釣りは魚を傷つけ、時に減らす趣味

釣りのスタイルや考え方は色々とあるけれど、考えるべきことも色々とあるなぁ…

と、いったcalmの独り言でした
[PR]
by calm-style | 2011-10-17 12:26 | etc | Comments(2)

釣りのマナー (calmの独り言前編)

釣りには色んなマナーがある

釣り人口の増加に伴いメジャーなポイントには人、人、人…

同じ趣味を持つもの同士、

お互いが気持ち良く釣りをする為に、最低限のマナーは守りたいものだ

例えば渓流釣りなら先行者が居たら、その人に迷惑をかけないぐらいの間隔をあけて、

下流、もしくは上流に入渓するか、河川を変更するのは当然のマナー

上流側から釣り下るなんてアングラーは渓流釣りをする資格なし


ゴミを捨てるなんてのはもっての他


先行者への挨拶も最低限のマナー

「おはようございます」「こんにちは」

「こんばんは」「釣れますか?」そんな一言でいいと思う

こんな短い挨拶一言でお互い気持ちよく釣りができるし、

ポイントの情報交換だってできるほど仲良くなれることだってある


海や川、湖… これらは釣り人のモノだけではないですよね?

その地域で生活する人やソコを訪れる人、港などは漁師さんの仕事場であったりもします

最近、よく目に付くのが雑魚が釣れた際に放置された干からびた魚

生き物相手に遊ばせてもらってる釣り人のすることではない

そういう行為をしている人を目にすると、哀れに感じてしまいます

「豊かな自然相手に遊ばせてもらっている」

そんな謙虚な気持ちで釣りを楽しみたいものです
[PR]
by calm-style | 2011-10-17 12:17 | etc

河口に浸かってフィッシュグリップを使う (スズキ釣り)

最近流行のフィッシュグリップと呼ばれるランディングツール


俺も取り敢えず持ってます


購入の理由は

・ネットじゃ格好悪い(笑)

・ブツ持ち写真の時、格好イイ(笑)

・素手で魚に触れないから魚に優しい

・魚の重さを計れる

・ハンドランディングは危険

・携帯性がいい


等々



で、フィッシュグリップにも色々あるけれど、俺は『BOGA GRIP』


何故なら『made in USA』だから


俺等の年代は『made in USA』 ←コレに滅法弱い(笑)


オーシャングリップとか日本製にも軽くていいヤツあるけれど、


それに比べると重くて仕方ないけれど、俺はBOGA GRIP


目標は柄にもなくデッカク10㎏オーバーだし、


海でシイラなんかに使用する可能性もあるから30lb使ってます






で、昨日BOGA GRIP持って河へ浸かりに行ってきた


あ、ターゲットはスズキさんです


結果は9打数4安打


内訳はキャッチ4本(まともなサイズは1本、あとはセイゴちゃん 泣)


ファイト中のエラ洗いでのバラシ2本


BOGA GRIPで下顎掴みきれずにジタバタしてのバラシ3本




いつもは後ろに下がって浅場にズリ上げているんだけど、


これじゃあスズキにダメージ与えすぎだろ?って考えて、


今回は立ち込んだままのランディングに挑戦してみた


スキルアップも考えてですね ええ



a0129011_12103179.jpg




で!結論!


立ち込んだ状態でBOGA GRIPでのランディングは非常に困難!


自分の周りをグルグル、ドタバタ暴れるスズキさんの下顎掴むのって超難しい!


口空けてくんないしね ^^;


下顎掴みきれずジタバタしてる間にサヨナラ~


ま、ナチュラルリリースって言い方もあるけどね ^^;


でも、それが自分のレコードクラスだったら…


そんなこと考えると立ち込んだままのランディングにはネットがいいのかな?


最近は魚にダメージを与えにくく、フックが絡まりにくいラバーネットとかもありますしね


なので、立ち込んだ状態でのBOGA GRIPでのランディングは上級者向きだと思われます


俺にはとてもとても…


でもね


一度掴んでしまえば外れること無いからフックを外す時には安全です


以前、ハンドランディングしてフック外してたらスズキが暴れてフックが指にグサリ!なーんて怖い思いもしましたしね


ストリンガー代わりに繋いでおくこともできるので、一人で釣行した際の写真撮影なんかにも重宝しますよ


でも…


スズキをBOGA GRIPでランディングすると、かなりの確率で下顎に穴が開いちゃうけど…


あれってダメージ的にどうなんだろうね?





で、今回俺が一番いいたかったことは、BOGA GRIP使ったから9打数4安打でした


と、道具のせいにすると意外に気が楽になったりするので、(笑)


俺みたいに言い訳がましい方、ナチュラルリリースしたい方にはフィッシュグリップお勧めです(爆)


それから、格好良く写真撮影されたい方は是非!(笑)
[PR]
by calm-style | 2011-10-14 12:14 | Salt water | Comments(8)

川から河へ

釣りは釣れるからこそ楽しい

釣りの一番の目的は、やはり魚を釣ることだろう

私の場合、釣った魚を食すことも大いに釣りの楽しみの一部である

大物を釣ることや、数多く釣ることは釣り人なら誰しもが願うことだろう

それも釣りの楽しみの一部

しかし、渓流釣りの楽しみはそれ以外にも楽しみが沢山ある


渓の音

風の音


街の雑踏から離れ、緑に包まれた美しい渓で、美しい渓魚と戯れ

日常とかけ離れた時間を過ごす

そんな贅沢な時間がたまらなく好きだ






9月30

2011シーズン最終日

a0129011_1535950.jpg


雨の予報だったが目覚めると朝日が差し込んでいる

それならと、前回大物をバラシてしまった渓へと車を走らせた

a0129011_15354163.jpg


入渓時、晴天だった空が徐々にグレーに染まっていく

1時間ほど釣り上がった頃にはとうとう雨が降りだしてしまった

「大丈夫」

そう自分に言い聞かせそのまま釣り上がっていると

次第に水かさが増し、あっという間に濁りが入ってきた

川の流れる音が次第に大きく響く

危険を感じ引き返すのだが、底石が見えず川を渡る時に転倒

高巻きで3度滑り、そのうち1回は危うく崖下に転落するところだった

気持ちよくシャワークライミングして登った滝では決死の思いで滝壺へ飛び降りた

a0129011_15342180.jpg


2011シーズン最終日は自然の脅威、怖さを身に沁みて感じる釣行となった

今後は無理な釣行は謹みたい

単独での釣行もなるべく避けたい




今シーズン同釣行して下さった方々、楽しい時間を有り難う御座いました

そして来シーズンもまた宜しくお願い致します















そんなストレスな渓流釣行だったからね

自宅で昼飯食ってすぐに出かけましたよ

今度は「河」へスズキ狙いでね

全く元気なオッサンですよね(笑)




で、久しぶりの河口は地形が変わってしまってて

a0129011_1536415.jpg

こんなの2匹釣るのにもメッチャ苦労した(爆)

でも、たまには河もイイネ!




さてと、今後は何を釣りに行こうかなぁ~?

そろそろアレかな?
    ↓

More
[PR]
by calm-style | 2011-10-01 15:39 | Fresh water | Comments(8)