<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イワナ調査釣行 【続編】

a0129011_8353183.jpg

夕マズメに短時間でいい釣りができたし、イワナも確認できたので大満足!
なんだか満たされてしまって気分はすっかりお帰りモード(笑)
しかし、釣りしながらチビチビとマイヤーズラム飲んじゃってちゃあ帰れません^^



そんな5月26日 早朝

前日の渓の更に上流に入渓
果たしてイワナは、ヤマメは釣れるのか?
顔だけでも見たい…

最初のポイントは以前なら必ずと言っていいほどヤマメの顔が見られた場所
が、反応なし…
次のポイントは型は小さいが複数のヤマメがいつも釣れた場所
しかし、ここも反応なし…
10年以上も前の実績なので、あてにはならないのは分かっているけれど、
なんとなく寂しく虚しくなった
そして次の小さな落ち込みにミノーをキャストし、2度目のトウィッチで…
ググッ!
間違いなく魚だと思ったのだが動かない
『なーんだ、根掛かりか…』
そう思いながらロッドあおるとズルズルと岩の間から魚が出てくるような感触
魚だ!
どうやらルアーを引ったくった後、岩の下に潜り込んだようだ
『もしかしたら…』
と、慎重に寄せると、思った通り今回の釣行の目的イワナだった
a0129011_836256.jpg


サイズもまずまずだし、嬉しかったのですが、
やっぱりここはイワナの巣のままなのかと思うと複雑な気持ちにもなった
〝イワナ調査釣行〟なのにね…

〝九州のイワナ〟これには色んな意見があると思う
戦後に持ち込まれたというのが有力説らしいが、宮崎では以前から生息していたという説も
でも、川辺川水系のこの渓にはおそらくイワナは生息していなかった筈だ
宮崎のある渓ではイワナの放流によりヤマメの姿が見れなくなってしまったのだという
ブラックバスやブルーギル等、外来種の放流は生態系への影響が指摘されているが、
イワナの場合どうなんだろう?
日本の固有種だから問題視されないというのもなんだか矛盾していると思うのだが…
ニジマスはどうだ?コイは?
あ、話が長くなりそうなので、この辺で^^;
私はイワナやイワナ釣りが嫌いな訳ではないので誤解されないで下さいね
ただ、ある渓でヤマメを食い尽くされ、嫌いになった時期があったことは事実ですが…
でも、イワナに罪はありませんものね
とかって矛盾ばかりの私で申し訳ございません(爆)

その後ですか?
イワナをもう一匹

a0129011_8364918.jpg

それからこんなやんちゃそうな顔したヤマメが退屈しない程度に遊んでくれました
具体的には20cmオーバーを十数匹ってとこかな?


おい!大岩の下に潜んでいた大イワナ!
俺に釣られる前に他の誰かに釣られるんじゃないぞ!(笑)
[PR]
by calm-style | 2009-05-29 08:33 | Fresh water | Comments(0)

イワナ調査釣行

前回の〝まこっちゃん渓〟も気になるが、もう一つ最近非常に気になることが
それは岩魚!
一泊二日の予定で約15年前、大型イワナがコンスタントに釣れていた渓へと調査釣行へ!
ちなみにこの渓、過去に41㎝を釣った渓でもある
果たしてイワナは釣れるのだろうか?
姿を見ることは出来るのだろうか?
久し振りの釣行に期待と不安が交差する


25日 夕マズメ
先ずは仲間内で本流と呼んでいた流れへ入る
ここは下流側に入渓ポイントがない為、上流から下流へと釣り下がる
先ずは鯖のように太いイワナがいつもチェイスしてきた大きな落ち込みを狙う
一投目でヤマメのチェイス
その数投後、ヤマメとは違うニョロニョロとした泳ぎの魚がチェイス
イワナだ!
ヒットこそしなかったが、いることが確認できた
サイズは20㎝ぐらいかな?
これは期待が持てる!^^

しかし、その後はイワナどころかヤマメさえも無反応
たまにロリヤマメが釣れる程度
それもその筈、あの大岩の連続した渓がこんな姿になっていたんです

a0129011_843244.jpg

これが現在の〝本流〟の姿…ショックだった
どうやら重機が入ったようだ(号泣)

たまに溜まりや落ち込みがあるのだが、魚が身を隠せる岩が非常に少ない
結局、明るい時間帯は魚らしい魚に出会えなかった
それでも日差しが柔らかくなってきた頃にようやく…
a0129011_8463042.jpg







そして
完全に日が暮れてしまい真っ暗になってしまった頃、膝下ほどしかない浅瀬で3連発!

a0129011_848958.jpg

くにさん お先に3匹(笑)
それから3匹並べるのって魚が暴れちゃって大変でした^^;

ヤマメも夜は大胆になるようですね^^
あんな身を隠すことの出来ない無防備な浅瀬でルアーを追うのですからビックリ!
どうやらヤマメも初夏モード突入のようです
あ、夜にヤマメが釣れるって言ったって、せいぜい9時ぐらいまでだと思います
それから夜間のヤマメ釣りは非常に危険なので絶対やめましょう!
カッパが出ます!(笑)

26日 早朝の部へ続く(笑)
[PR]
by calm-style | 2009-05-27 08:42 | Fresh water | Comments(0)

渓流釣りが辞められない訳


a0129011_855740.jpg
18日 昼
午前の初めてのポイントでの思いがけぬ好釣果に気分は最高!
夕マズメに本流でも狙ってみようかと思い1時間半のドライブ
現地に到着し、河原に腰掛けビールをゴクリ^^
昼寝でもして夕マズメに釣りをする予定だったのですが…
ビールを2本…3本… そして焼酎まで^^;
で、とうとう釣りができない状態に(笑)
いいんです、いいんです今回はノンビリ釣ろうって出発前から考えてましたし^^


19日 早朝
前日、通行止めで入れなかった渓に私はいた
そうなんです
かなり遠回りになってしまったけど…気になって仕方なくて…
来ちゃいました^^;
このポイント、昨年KさんとM君が35㎝オーバーを一日に3連発もさせられた渓なんです
昨年から気になって気になって仕方なかった渓ですもん、諦めきれなくて当然
しかし一昨年ぶりに入った渓は以前とは大違い
大淵の溜まりの大場所がチョロチョロ状態
『うわ!こりゃ厳しいな…』
と、思ったのですが最初のポイントで良型を3連発!
この厳しい環境で頑張って生きてるのかと思う胸にジンときた

その後も予想とは裏腹にいい感じで釣れ続く

a0129011_856874.jpg


ここはいいサイズが複数出るだろ?ってポイントで…












a0129011_8562589.jpg

まずまずなサイズが2本!^^
こーやってヤマメを並べて写真を撮りたかったんですよね~(笑)
でもね~ ネットがね~ なんか様になんないんだよね~…
とかって何度もクドイかな?M君、BOUZU1号(笑)


私の周りにはバスやスズキ、オフショア等は辞めてしまっても、
渓流釣りだけは今でも続けてる友達が周りに沢山いる
てゆーか、渓流しかやらなくなったって友達の方が多い
なんでだろ?って思ってたんだけど、くにさんのブログを見てそれが分かりました
〝フィトンチッド〟これだったようです
皆さん知ってました?
私はこの言葉をくにさんのブログで拝見するまで知りませんでした
森林浴効果をもたらす森林の香りの正体が〝フィトンチッド〟だそうなのですが、
この〝フィトンチッド〟自律神経の安定に効果的だったり、
肝機能を改善したり、快適な睡眠をもたらしてくれたり、
他にも免疫力を高めてくれたり身体をリラックスさせてくれたりといいことずくめ
だからなんですね
友達が他の釣りは辞めてしまっても、渓流釣りだけは辞められないのは^^


実は今回、チョットだけ本気で尺上狙ってたんですけどね
ナンチャッテトラウティストな私にはKさんやM君みたいにはイキませんでした…
それでも
渓流釣りってィやっぱりイイーネッ!


a0129011_8565084.jpg


ここ数年、渓流はなんとなくご無沙汰気味だったけど…
また来週、渓に癒されに行こうかな♪^^
釣果は二の次~ ^^
[PR]
by calm-style | 2009-05-22 08:54 | Fresh water | Comments(0)

床屋のまこっちゃん (ヤマメ釣り)

床屋のまこっちゃん (ヤマメ釣り)
17日
20時過ぎに自宅を出発
最近早起きが苦手になってしまったので、前日から現地入りしようという魂胆
が、後ちょっとで目的地到着という所で通行止めの看板(泣)
ならばと超有名ポイントへ向かうもこちらも通行止め(爆)
さて、どうしたものか?
と、思い付いたのが地図を見ていつも気になっていた渓
確かこの辺りから曲がって…
『ザーッ』
おっ!渓の音!
真っ暗なので渓の音だけが頼り
しばらく車を走らせて一番渓の音が近く聞こえた場所へ車を止める
ここまで辿り着くのに3時間半以上も車を走らせた…
その後、車中一人宴会のち爆睡


18日
少々遅い6時過ぎに起床
渓を覗き込む
ビンゴ!
入渓しやすいポイントに丁度駐車していたんです^^
それに流れは細いがいい感じの渓!

a0129011_8593789.jpg


釣り開始早々から小さいながらもポンポン釣れる
しかもこの渓のヤマメはみんな綺麗!

a0129011_8595616.jpg


こんな綺麗なヤマメ見たこと無い!

a0129011_90107.jpg


見て下さいこの尾ビレの朱色!

最大で24㎝と型こそ出なかったけれど、釣れた数が凄かった
4時間ほど釣り上がって30匹ぐらい釣れたんじゃないかな?^^
〝ここぞ〟というポイントには全てヤマメが居たし、
こんな所にも?ってポイントにもヤマメが!^^
前から気にはなっていたけど
近くに有名ポイントがあるのでついそっちに行っちゃってたんですよね~
しかし、いいポイント見付けたなぁ♪


ウハウハ気分で道具を片づけていると、
紅葉マークを軽トラに貼った老人が話しかけて来られた

老人『釣れたね?』

俺『ええ^^ でも小さかったです』

老人『そうだろ』

俺『え!?』

老人『まこっちゃんのあたがちっと上から釣りよったもん。ほんじゃけんこまかったったい』
   『まこっちゃんが太かつば釣ってしまわしたとたい』

俺『まこっちゃん?ですか?^^;』

老人『ほう、床屋のまこっちゃんたい』

俺の心の中の声『地元んもんじゃなかけん、まこっちゃんなんて知らんば~い^^;』

俺『まこっちゃんってヤマメ釣りが上手なんですか?』

老人『そらー 専門じゃけん名人たい』

俺『そうなんですか~。だから小さいのしか釣れなかったんですね~』

老人『また来なっせ~。今度は太かとの釣るっばい』

俺『はい、ありがとうございます!また来ます^^』


そうだったのか~
まこっちゃんの釣り上がられた後を俺が釣ってたのかぁ~(苦笑)
だからサイズがイマイチだったんですね
しかし、まこっちゃん達人!
だって釣り上がられた後を釣ってもあれだけガンガン釣れちゃうんですもん
さすが名人と老人から呼ばれるだけのことはあります^^

今回は、まこっちゃんに先越されてしまったけど(笑)
次回は早起きしてまこっちゃんより早く渓に入ろうかな?^^

a0129011_903426.jpg


この上はどうなってるんだろ?
考えただけでワクワク^^
次回訪れた時は、この上を釣り上がってみようかな?
一度だけ尺上のチェイスもあったし、また楽しみが増えた!

続く… ^^
[PR]
by calm-style | 2009-05-20 08:58 | Fresh water | Comments(0)

20年振りに想い出の場所へ (トラウト調査釣行)

a0129011_931099.jpg


みなさんコンニチハ!

ナンチャッテトラウティストのインフォーマーです^^;

今回は20年ほど前から釣行しなくなったあるポイントが無性に気になり

やめときゃいいのに昼間っから調査(?)に行ってきました

本当は朝一での釣行予定だったのですが…

この日の朝は元気が無かった

いつもはビンビンなんだけどなぁ…

今度から寝る前に毒マムシかユンケルでも飲んどこっかな?^^;


12時半

目的地に到着し、我が目を疑う

無い… 水が無いんです


a0129011_935572.jpg

おい!S!
お前とよく釣行してたアソコは今、こんな感じになっちゃってたぞ(泣)
最初に釣行した時、お前が真っ暗になるまで待ち合わせ場所に戻って来ないから、
てっきり事故かと思い俺は警察に連絡
心配してる俺をよそに
お前はデッカイ銀毛ヤマメをビニール袋に生かしたまま入れて帰ってきたよな!
しかもニヤニヤ、ニタニタこれ以上ない程の満面の笑みでな!
羨ましかったぞ!!^^


しかも水色も以前とは大違い

それに川底にはノロが付き放題

愕然としちゃいましたよ

良型の銀毛ヤマメが遊んでくれた

渓流ミノーイングの楽しさを世に知らしめたチップミノーの生みの親、

かの皆川哲氏も訪れたこの渓

なのに…

『こりゃ無理だわ』とは思ったものの、せっかく来たんだしロッドを振ってみることに

すると数投目になんと尺上の銀毛ヤマメがバイト!

しかし、バイトする瞬間が見えてたせいもあってビックリアワセ

直後にバレてしまった

全く期待してなかったし、予想もしてなかったので、

バレてしまったけど、魚を確認できただけで本当に嬉しかった

その後も数ヵ所ポイントを叩いてみたが、バイトも追いも無し

その代わり10㎝ほどの銀毛ヤマメのスクーリングを発見!

それを見てなんだかホッとした気分になった


帰りに立ち寄った里川で…


a0129011_94398.jpg

小さい体で一生懸命追ってきてくれたのに、俺の操るミノーでごめんね

釣っても釣ってもロリヤマメばかりでまともなサイズはたったの3匹


a0129011_94588.jpg

綺麗だとは言い難いけど、遊んでくれたのにケチつけちゃ失礼ですよね^^;

ィやっぱり渓流ってイイーネッ!


※業務連絡
M君、それからBOUZU1号
ランディングネットが届くのはいつなんだろ?
今回も写真撮る前や撮ってる最中にヤマメが何匹も流れに戻っちゃったよ^^
やっぱ写真撮る時ネットがあると様になるんだよなぁ…
あぁ… ハンドメの格好いいネットがあったらなぁ…
欲しいネットはとても買える額じゃないしなぁ…
あ!プレッシャーになった?^^;
ゴメンごめん(笑)
[PR]
by calm-style | 2009-05-12 09:01 | Fresh water | Comments(0)

五家荘

a0129011_99573.jpg

ミノーでヤマメを釣ることの楽しさ

それを教えてくれた渓に久し振りに釣行してきた

この渓、私にヤマメのレコードをプレゼントしてくれた渓でもある

ヤマメ釣りを始めたいという人がいれば迷わずこの渓へ案内した

しかし、誰が放流したのであろうか

15年程前からヤマメの姿が消え、イワナばかりになってしまった渓

それからは次第に足が向かなくなってしまった


『釣れてもイワナだろう』

そんな気持ちでアプローチしていた僅か2ヶ所目のポイントで、

水面直下を泳ぐミノーに、水面を割って激しくバイトしてきたのはなんとヤマメ!
a0129011_993040.jpg



その後も釣れるのはヤマメ!ヤマメ!ヤマメ!

a0129011_995411.jpg


イワナの姿は最後まで一度も見なかった

a0129011_9102086.jpg


渓に居る間、ずっと笑顔でいた

ずっと満たされた気持ちでいた

心の傷が少し癒された

想い出の渓

ありがとう
[PR]
by calm-style | 2009-05-02 09:08 | Fresh water | Comments(0)