広島の地で感じたこと~ 年末のご挨拶

東日本大震災が起きて約半年

「普段やってる事、自分達の音楽活動の延長にチャリティーが含まれれば」と立ち上がった

・Hundred Percent Free

・iMagic

・バリデライト

・OUTER-TRIBE

上記4バンドのチャリティライブ「Resquad Tour」に参戦してきた

場所は広島

そこで感じたことを少しだけ書きます








a0129011_16362169.jpg

私たちの世代は勿論 、戦争を知らない

恐ろしさも

残酷さも

悲惨さも

何一つ知らない

体験している世代ではないから それも当然かも知れない

でも

体験しなければ

戦争を知ることが出来ないわけではない

祖父母に 、両親に聞くのもいいだろう

空襲の恐ろしさ

食べることさえままならなかったこと

そして原爆…

私たちの住む日本は 、唯一の被爆国でもある

広島や長崎と同じ歴史を 二度と繰り返すことのないよう

核兵器の恐ろしさを 忘れてはならないと思う

戦争を遠い昔のことのように考えてはならないと思う

広島の地に立ち

もう一度戦争について

平和について考えることができた

一人一人が 戦争について考えること

それが一番大切なことだと思う

それが戦争のない世の中につながることだと思うから…

a0129011_16363542.jpg














2011年 3月11日

日本は東日本大震災という大きな災害に見舞われた

現在も水も電気もない避難所生活を 強いられている人もいるかも知れない

家族や、大切な人を失った人もいることだろう

そこに必要なものは食物、物資、医療、ライフライン…

しかし

それだけでは無いと思う

“音楽”だ

素晴らしい音楽は、心を癒し

勇気や

元気や

希望を与えてくれる

そして

悲しみを埋めてくれる

そんな素晴らしい力がある

復興へ向けて自分たちができること

彼等には〝音楽〟があった

それが「Resquad Tour」という

チャリティーライブというカタチになった

TOURタオル収益金を全額寄付という心意気

素晴らしいことだと思う

そのチャリティライブに参加し、TOURタオルを購入でき

僅かながら被災地の方々の力になれたことに自分自身本当に嬉しく思う




日本人には忍耐強さと団結力がある

どんな困難も乗り越える力がある

思いやりがある

愛国心がある

誇りがある




震災後

暴力、略奪など無法状態に陥ることもなかった

それは過去に原爆被害を経験し

そこから学んだことがいい方向へ向かわせたのかも知れない

俺は日本に生まれて本当に良かった

誇りに思える国に生まれて本当に良かった



書きたいことが色々ありすぎて、まとまりのない文章になってしまったけれど…

がんばろう日本!






最後に…

早いもので

12月も残すところわずかとなりました

今年もいろいろありましたが

また来年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い致します

そして皆様が

晴れやかな新年をお迎えになられますよう

心よりお祈り申し上げます

どうぞよいお年をお迎えください

calm
[PR]
by calm-style | 2011-12-22 16:40 | etc | Comments(8)
Commented by くに at 2011-12-23 11:10 x
どこかの学者?が、「世界が滅んでも唯一残せる民族があるとしたら、それは日本人が良い」なんて事を言ってましたが、自画自賛じゃないけれど俺もそう思います。
宗教戦争には無縁で、勤勉で努力家・・・あげればきりが無いですが、我々日本人は危機を我慢強く地道に乗り切れる民族だし、これからもそうあるべきだと思ってます。

俺って両親共働きで爺さんと婆さんに育ててもらった様なもんですから、学校から帰って来て戦争などの話を聞きながらお茶飲むのが日課でした・・・爺さんは戦地の話。 婆さんは残された家族を一生懸命守った話。
去年婆さんの遺品を整理してた時に、戦地から送って来た爺さんの手紙が沢山見つかって皆でしみじみと読みました。
実際、まだ井戸の裏には防空壕が今でも残ってますよ・・・
戦争を知らない世代ですが、二度と繰り返してはいけない悲しみと何度でも立ち上がれるんだと言う気持ちは忘れたくないですね!
今年もお疲れ様でしたm(_ _)m
来年早々、宜しくお願い致します^^
Commented by calm-style at 2011-12-23 14:10
>くにさん

忍耐強く、勤勉であり繊細で真面目
そして協調性や誇りある日本人が俺は大好きです。
そんな日本人だからこそ戦争で負けた後も私たちが、
こうして豊かな暮らしをしていられるのだと思ってます。
日本の礎を築いてくれた先人たちには感謝の気持ちで一杯です。

私たちの世代は戦争を体験した世代に育てられ、
幾分、今の若い人達より戦争の怖さや恐ろしさ、愚かさをギリギリ少しは知る世代。
若い世代にそれを語り継ぐのも私たちの義務かも知れませんね。

今年も色々とお世話になりました。
残念ながら、くにさんネットに見合うような山女魚は今期釣ることが出来ませんでしたが、
来年はpana君の復帰もあり、渓流に行く機会が増えると思うので、是非頑張って格好いい山女魚を釣りたいと思ってます!

こちらこそ来年早々から宜しくお願い致します。
めばるバトル負けません!(笑)

Commented by biomass at 2011-12-23 22:05 x
こんばんはー

もちろん私も戦争を知らない世代です。
今回の震災で感じた事は、我慢強い、規律正しい
そして、被災された方々に何か出来る事はないか?
と皆さん本気で思っている事。
 本当に日本人のすばらしさを知る事ができました。
また、自分も日本人であるという誇りさえ感じました。

 話はかわりますが、HPFのチャリティーライブどうでしたか?
きっとすばらしい音楽だった事でしょう

 calmさんのブログ 今年も楽しく、エロく、そして、時には考えさせられながら読ませていただきました。

 来年も、お邪魔しますのでヨロシクお願いします。
Commented by calm-style at 2011-12-24 09:40
>biomassさん

過去にも日本は関東大震災、阪神・淡路大震災を切り抜けてきました。
不屈の精神で切り抜け日本は世界に強さを示してきましたよね。
いつも冷静さを保って対応していける日本人は本当に素晴らしく、それを誇りに思います。
東日本大震災も同様に切り抜け、日本が以前より更に強い国となっていくことと信じています。

Hundred Percent Freeのチャリティライブ
HPFの出番が最初だったってことと、曲数が6曲だったってこともあり、あっという間でした。
でも、最初から最後まで年甲斐もなく最前列でタオルをブンブン振り回してきましたよ~!^^
やっぱライブっていいですね~♪
HPF九州再上陸の際は是非ご一緒しましょう!
ライブ後にミーハーな私はTack君と一緒に記念撮影。
親戚なのに何故か緊張してしまいました。(笑)
やっぱり、頑張ってる人間はオーラが違いますね。

こんな訳分からないエロブログにお付き合い頂き、本当に有り難う御座いました。
いつかメバルでご一緒できる日を楽しみにしてます!
それでは良いお年を!^^
Commented by Masuga at 2011-12-30 04:57 x
calmさん!
今年も素敵&楽しいレポート、写真、ありがとうございました!
相変わらず出不精な私ですが^^;来年も見捨てず宜しくお願いします!

原田真二さんのファンのせいか、広島からは常にパワーをもらっている気がします^^
日本人の心、私も大好きです♪
Commented by calm-style at 2011-12-30 08:57
>Masugaさん

10代でのファーストアルバムでオリコン1位を見事獲得した天才、原田真二さんは広島出身だったのですね。
知りませんでした。
しかし、当時の原田真二さんのポップな音楽って日本の音楽を変えましたよね。
本当に日本人が作ったの?って思うほど洋楽っぽい音作りでしたものね。
驚きでした。
甘いフェイスにハスキーボイス 女子がメロメロになっちゃうのも頷けます。

Masugaさんのブログにはいつもほんわか暖かな気分にさせてもらってます。
時折ジュニ君の成長が自分の子の幼い頃とだぶって懐かしく感じることも。
こんなくだらない(エロ?笑)ブログですが、また来年も宜しくお願いいたします♪
本年も残すところ僅かとなりました。
お風邪などひかれないようにされて下さいね。^^
それでは良いお年を~♪

追伸
書き込みの時間相変わらず早っ!!(笑)
Commented by yamazaru2023 at 2011-12-31 15:00
来年も...
しょんなし(笑)
付き合ってあげます(猿笑)

良いお年を!!!
Commented by calm-style at 2011-12-31 17:07
>負け逃げ猿くん

正月の新春めばるバトルはマジで負け逃げをカマスみたいね~(笑)
2012年はずーっと「負け猿」というレッテルを貼られたままだけど頑張ってね!(笑)
しかし、最下位で初笑いのネタにされていまうのを察し、嘘をついてまで最下位を回避するとは猿知恵を働かせたね~。
ま、そんなズル賢いお猿さんだけど、来年もお相手してあげます。
てことで来年も宜しく!
良いお年を♪
<< 2012新年会&新春めばるバトル 愛人Chem娘チャンとメバリング >>